2018/02/21

別れの日

ポカポカ陽気の昨日
早咲きの河津桜が咲きほころんだ渋谷駅から代々木公園界隈
友人のイタリア人のF君が5ヶ月の短期留学を終え今週帰国することになり、
お別れの昼食会を渋谷のホテルでしました。
 
彼はこれまで、語学学校を含め5回来日しています。
4か国語を話せる彼は、とても優秀な学生で母国のベネチア大学から某国立大学への
優待生として来日していましたが、7月のカレッジ卒業と卒業論文のために帰国します。
勉強と日本での就職活動と忙しい日々でしたが、
私たちもラインで親交を深めて、
時おり日本料理に誘い日本の伝統文化を楽しんでくれたようです。
 
お箸も上手になりました(゚∇゚|||)
親子以上に年も違いますが、日本の母として親しんでくれたことに、
別れはちょっぴり寂しい思いがします。
 
将来、イタリアと日本の架け橋になりたい職業に就きたいと希望している彼
頑張って欲しいです。
 
 
 
Dsc_1813_2

Dsc_1808_2

Dsc_1523

Dsc_1517

Dsc_1809_2


 
彼の住む北イタリアの街「UDINE」はSLOVENIA(スロベニア)に近い街です。
歴史的建造物も多く、美しい街のようです。
 
近いうちにこの町のこと、少しお話しますね♪
 

2018/02/18

ロンドンスポット covent garden

フィギュアスケートの快挙に感動です。
小心者というか、心臓ドキドキでLIVEを見れずテレビをつけながら隣の部屋で
手を合わせ祈っていました(>_<)
何回も映像を見ながら、羽生、宇野選手は大変な偉業を成し遂げたのだと改めて思います。
オリンピックに参加した選手の多くは、色んな結果に終わったけれど、終わりは始まりの時
これからが、また新たな挑戦ですね!
 
 

選手たちの頑張りを見ていると、何だか私も勇気が湧いて来て、、

そろそろ買い付けの始動です。
比べものにはならないけれども、自分なりに納得した仕事ができれば嬉しいです!(^^)!

 

そろそろ春休み、うちの孫娘も小学校から中学校へ。。。早いものです。

お客様の子女さんや知人にはイギリスへ短期留学する人も結構多いです。

そんな方にお薦めのロンドンのスポット

時おりブログでもご紹介しますのね!

 

 

観光の途中にふらりと立ち寄れるコベントガーデンはアンティークマーケットも開催されていますし、

建物の中の広場では曲芸などを年中していて楽しい場所です。

中央の階段を下りたところに、1886年創業のWhittard(ウィッタード)

Wのマークの伝統ある紅茶専門店があります。

オーソドックスな紅茶だけでなく、さまざまなフレーバーティーもあり、試飲コーナーもあります。

実際飲んで見て美味しいと思ったものをお土産にできるのも嬉しいです。

隣接した部屋にはティーバーもあり、本格的な紅茶タイムが味わえますよ。

地下鉄(underground)に近いので、私も時々お邪魔します。




Dsc_13123
Dsc_13102




 

 

2018/02/15

present 

厳しい寒さのなかでも、どことなく春の光が感じられるこのごろです。
 
一日が早くすぎる時の流れ、少しでも自分らしく時を刻んでいます。

今年はネットショップを開設して15周年になります。
大きなイベントはできませんが、
少しでもご愛顧いただいているお客様への還元を考えています。
そんなわけで、15周年の一環として、
今週中にお買い物をしていただいた方にバレンタインチョコを同梱させて頂きます。
尚、定形外郵便発送につきましてはチョコに代わるお品(ポストカード、レース)等をお入れします。
また、メルマガ会員(登録)さまだけの特別優待も今後考えておりますので、
引き続きご購読をお願いします。


Dscn1002

Dsc_1781pesent


2018/02/12

スイスのあったかグルメ

平昌(ピョンチャン)オリンピック開催中

厳しい寒さのなかの熱戦にみる者も力が入ります。

オリンピック、世界地図が頭に広がる瞬間です。

更新の作業が終わりほっとする時が、私の唯一のゆとりの時間

わが町の東にあるスイスレストラン「ル・シャレー」に遅めのランチタイム

このお店は随分前になりますが、隣接する東村山のお客さまに連れて行ってもらったお店です。

スイス国旗が目印で、なかなか評判のレストランです。

ランチョンマットのイラストがユニークで可愛かった!

Dsc_1781_2

お店の看板メニューは濃厚でとろけるチーズフォンデュ
とろける食感が存分に味わえます。

煮詰まると塩辛さが増してくるので、かき混ぜながら早めに食べるのがポイント。



Dsc_1782_4 こころも気持ちもあったかくなるチーズフォンデュは1680円
 
セットになったランチメニューは2100円とお手頃でした(^^♪


080209_2

 

 

あったか気分で、今週も更新の予定です。

お楽しみに‼


2018/02/10

英国の2月

更新後はいつもメールのやり取りが多く、気候のこと、日常の生活のことなどを
お話する機会が増えます。
鳥取の大山、新潟駅のお近くのお客様から、今回の大雪の現状を知ると、
記録的な積雪は、北陸地方ばかりではなく、広範囲の地域で交通網の遅れや運休が
あったようです。少しずつ解消されてはいるものの、
 
「これくらいで嘆いてはおられませんが、もう雪は勘弁してほしいです
毎日雪かきで寒く、アンティークを見ると心が温かくなります。」
その気持ちわかります( ^^) _U~~
日本広し、東京のお客様からは、犬の散歩で行く北の丸公園には、
可愛いひかえめに咲くロウバイに癒されます。。。。と
我が家に隣接している公園でもロウバイの花がさいています。
 
今冬の日本は英国よりも寒いようですねw(゚o゚)w
過去の旅のかけら~2月の風景より


Pict0108

池の水がゆるむ日は、鳥も羽をのばす
 
クリスマスの装飾に使うホーリー(holly)
 
ヒイラギは秋に白い小花を密生させて、熟すと暗赤色の実をつけます。
日本ではあまり見られない光景ですが、節分の夜、この枝とイワシの頭を門戸に
挿すと悪鬼を払うと言われています。

Pict00922


太陽の日差しが少ないイギリスでは、

晴れた日、少しでも太陽が覗くと、郊外にでて日光浴を楽しまれます。

習慣みたいなもので、日本ではこの時期あまり見かけない風景です。

 

P1000212

連休の始まりです。

皆様も良い週末をお過ごしくださいね。

 

2018/02/07

立春すぎても春は遠く

立春すぎて暦の上では春なのに?
 
北陸地方、日本海側は記録的な大雪となり、今なお車の立ち往生、インフラにも大きな影響が出ています。
ニュースを見るたびに大変な事態になっていることを痛感します。
このまま降り続けばと思うと、行政の対策が急がれます。

本日新商品更新しました。
 
厳しい寒さで、春はまだまだ遠くにありきですが、そろそろ春支度。
パステル・カラーのやさしい色目のアイテム、少しずつご紹介していきますね。
 
今回もよろしくお願いします。





P1000261



2018/02/05

Boudoir doll

昨年、イギリスのアンティークフェアで
とっても可愛らしいベビードレスがディスプレイされていて、思わず立ち寄ったフランス人のお店
生まれたばかりの孫娘のお宮参りのベビードレスを探していた時でした
ひときわ目立つ赤いシルクドレスを着たお人形がこちらを見つめていた。



Dsc_07943_3


お顔とこの大きな身長はどこかで見たような気がするが名前が出てこない。
  フランス語でBoudoir doll(ブドワールドール)
日本語で私室人形と言います。
1915~1930年頃、女性の私室(寝室)のベットやソファを飾るために作られたお人形です。
 
ブドワールドールは通常細長いボディと高いヒールが特徴、
手足は陶器、ボディーは藁、マスクは布製で特徴のある顔はすべて手描きです。
一点物でほとんど市場には出てこないドールですから、オークションを通して売買されています。


Dscn0706_2_2
 

このレアなブドワールドール、近日中にアップします。
 
目の覚めるような深紅のドレス
 
あなたを見つめる瞳
 
共に夢を描きましょう!



2018/02/02

パディントン駅構内で。。。

関東にまたまた雪が降りました。
今年2度目の積雪ですが、湿った雪であまり積もらなかったのが幸いです。
今日は家にこもっていたので、知人のサイトやFacebookを回覧していたら、
寒い時期なのに結構買い付けに行かれているオーナーさんもおられました。
 
私もショップを始めたころは、時々1月、2月に行っていましたが、アンティークフェアの
早朝の寒さといったら尋常じゃなく、体中が凍りつくようで泣きたくなります。
おまけに吹雪いてテントは倒れるわ!出店者は少なくダブルパンチ(>_<)
最近は日本の方が寒いので、そうでもないのかもしれませんね!
 
ちょっとした旅のエピソードですが、ヒースロー・エクスプレスの発着するパディントン駅構内で、
何度も乗車しているのに、はじめて知った昨年10月の出来事。
帰国のフライト日、荷物はトランク2個とキャスター、
買い付け商品はシッピング会社に預けるので、いつも手持ちはこんな感じです。



Dsc_1440


構内にあるカートにお金がいるなんて思ってもみなかったです。
いつも、放置してあるカートを使っていたので・・・(´ρ`)ぽか~ん
カート置き場に行ってみると、お金がいるのではありませんか?



Dsc_1441


まあ大した金額でもなく、1ユーロor1ポンドですが、財布を開ければ1ポンドもない!
先ほどのタクシーの運転手さんが荷物を運んでくれたので、チップとして小銭を全部
あげてしまったのだ。
それでしかたなく、近くを通り過ぎた男性に声をかけて、両替を頼んだら
なんと、「お金はいらないよ」。。。と£1をくれた。
カッコイイというか?ジェントルマン(gentleman)(*´v゚*)ゞ
 
 
いつだったか英国の紳士はゼントルマン(gentleman)どころか
銭取るマンってジョークを言っていた人がいたけれども払拭されてよかったです。
知らないことは良いことなのか悪いことなのか?わからない出来事でした。


 

«楽しく暮らす工夫

antique shop 8trees

フォト
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ