トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008/01/31

自分らしく

エッセイストの西村玲子さんの「着心地のいい暮らし」に
とても共感するものがあって、シンプルな生き方にあこがれます。

新年のエッセイに
「おいしい食事を毎日作って、特に何が起きるのでもない穏やかな日々、
できないな、いや、こういう生活もありかな・・・。」
と言う一節がありました。

Img_0181   

私も、好きだけでやっているWEB SHOPに不安やストレスを感じ、
最近はアンティーク・ブームの仕掛け人も影をひそめ、
お客様がこれから何を求めているのか、先が読めなくなりました。

しかし人間というものは気まぐれなもので、ふとした時に襲ってくる空しさが、
お客様のメールや励ましで、するする解けて、平穏な気持ちになって幸せを感じたり、
自分の経験からくる積み重ねが予測を超えた力になり、
人生は進んでいくんだなぁなんて、
最近は自分の仕事に納得できるようになりました。

Img_0184

皆さんも多くを望まなくても自分なりの生活の楽しみ方を見つけ、
過去でもなく未来でもなく今日からはじめてください。

  antique shop 8trees

2008/01/29

旅支度

28日をもちまして新春セールは終了しました。
今回も沢山のご注文ありがとうございました。
今年はアンティークフェアの出店も予定していますので、
セール価格は期間中のみとさせていただきます。

買い付けの出発も近づき、旅の準備をしなくてはと思っていますが、
まだ支度はこれからです。
冬の買い付けは衣類がかさばって大変ですが、
要領も覚えましたので、トランクの中は必要最小限で旅立ちます。

イタリア・日本と、旅の多い料理家の有元葉子さんの旅支度はとてもコンパクトです。
旅上手は旅支度も達人で、その秘訣を参考にしています。

過去の経験では、一度も着ないで持ち帰る衣類もありました。
それからは、基本色を決めて、重ね着ができるようにコーディネートしています。
例えばTシャツ、セーター、カーディガンというように、
寒ければ重ねて着て、暑いようなら脱いでいけばいいのですから便利です。

できるだけスペースを開け、帰りのトランクにはアンティークの小物をいっぱい詰めて
帰国したいと思っています。

Pict0060

 antique shop 8trees

2008/01/27

金柑

八百屋さんの店頭で目にとまったキンカン
オレンジ色の小粒なかんきつ類
咳や喉に良く、風邪をひかないと言われています。

ことしは例年より、春の訪れが早く、花粉の飛ぶ時期も早まるそうです。
昨年の暑さで、雄花の実が沢山つき黄色い花粉を運んできます。

風邪、花粉症の予防に金柑ジャムを作りました。
圧力鍋で蓋の錘(おもり)が回りだしたら火を弱めて5分、火を止めて蒸らして5分
グラニュー糖の代わりに、ヨーグルトにいつも付いている砂糖を入れながら、
とろりとするまで混ぜます。
種は最初から取っておいてもいいですが、さましてからでも取れます。
レモン汁を少々入れるのを忘れずに、なければお酢でもOKです。
簡単ですので、つくり置きしておけば重宝します。

 Img_0175_2  

受験生のみなさん、これからが本番です。
風邪をひかないで、十分な力を発揮してください。


    antique shop 8trees

2008/01/24

snow park

                 Img_0172

私の部屋からみた昨日の雪化粧の公園です。
いつもはジョギングや犬の散歩、近くの高校の陸上部の生徒でにぎわっているのに
寒々しく人の姿はありません。
東京にこんなに雪が降ったのは二年ぶりだそうです。
その雪も今日はすっかり消えてしまい、都会の雪ははかないものです。

イギリスの友人の便りでは、ロンドンは雲に覆われているものの、毎日13~14℃で
とても暖かいとのことです。
それを聞いて、すこしは安心をしていますが、
イギリスの天気はあまり当てにはなりません。
「一年のうち九ヶ月が冬で、三ヶ月が悪天候だ」とユーモアを言う人がいますが、
それは、少しオーバかもしれません。
私が以前お世話になったB.Bの奥さんは、イギリスには四季はなく、
一年中が冬で、時々春のような穏やかな日差しの日と、さわやかで、
少し汗ばむ夏日和があると考えていれば、がっかりしないで済むわと言ってました。

寒い冬を過ぎれば春を待つ楽しみがあるので、めぐり、めぐる季節に感謝です。


antique shop 8trees

2008/01/22

フック

我が家にはアンティークのフックがあちこちに付けられています。
素材や形は様々で、それぞれの用途や役割を果たしています。

何年も付き合っていると「このフックはこの場所になければ」なんて
勝手に思い込んでいます。
素材はアイアン、アルミ、ガラス、木などありますが、
どれも、それなりの趣きがあります。
家のフックは売れ残りや半端ものを使っていますが、何の支障もなく輝いています。
フックを眺めていると、
背中が丸くなった母のようでもあり、あたたかさが伝わってきます。

  Img_0168_6  Img_0167_4

    Img_0166_3    antique shop 8trees

2008/01/21

2月の買い付け

2月の初めから今年最初の買い付けに行きます。
昨年もこの時期に行きましたが、イギリスは暖冬でとても過ごしやすかった。
今年は日本も寒いので、むこうもきっと寒いだろうなぁ!
覚悟して、完全武装ででかけます。

今年からは、歳相応にゆったりと買い付けの旅を楽しもうと思っています。
バタバタあせって探し回っても、いいお品は見つかりませんので、
滞在日数も多めに取りました。
本当は1ヶ月ぐらいのんびりと過ごしたいのですが、
そんなことをしていては、お客様に忘れ去られてしまうので、ほどほどにしました。

それでも、2月の半分はお休みになります。
どうぞ「エイト・ツリーズ」は冬眠していると思っていてください。
そのかわり、珍しいいいお品をいっぱい運んで来ますから
楽しみにお待ちくださいね。。。。。(*^_^*)

初めて訪れるところも3箇所ほど予定しています。
また、新たな出会いと刺激を受けて帰って来ます。
お休みの間はご不便をおかけしますがよろしくお願いします。

 Pict0073

  antique shop 8trees

2008/01/18

旅は共に歩む

先日お客様から長~いメールを頂きました。
昨年の8月、イギリスに短期留学されているお嬢様を訪ねて渡英され
スコットランドの旅を楽しまれたとのことです。

お手紙の1節をご紹介しますと
「去年はヨーロッパは異常気象で、イギリスはいつまで経っても夏が来ず、来る日も来る日も雨、そして寒い毎日だったようですが、わたしが訪れた10日間は、晴天続きで、
ハイランド地方も最高でした。

一人でグラスゴーにいたとき、八木さんの「ちょっと一言」を参考にわたしもペイズリーに
行き、ミュージアムとアビー(修道院)を見学しました。
アビーのステンドグラスは美しかったですね、古いケルトのクロスもよかったです。
グラスゴーでも、ケルヴィングローブミュージアムに行きました。
マッキントッシュの作品を見るためだったのですが、彼の部屋の隣に「Looking at Design」という、16~18世紀の貴婦人のドレスや装身具がdisplayされている部屋がありました。
八木さんだったら目を輝かせてご覧になられるのでは、と思いました。

娘と別れた後、アバディーンからエディンバラに戻る途中、八木さんが買いつけをなさったクーパーの駅に止まりました。
降りてこの町を歩きたい気持ちになりましたが、時間もあまりなかったので
心残しつつそのまま終点まで戻りました。
いつか、この町や、セント・アンドリュースなども訪れてみたいです。

スコットランドの人々はほんとに親切ですね。イングランド人以上のような気がします。
いろんなかたに親切にしていただいたことが忘れられません。
ハイランドの美しい風景と相まって深く心に刻まれています。」

このメールを見て、私の「一言」が少しばかりお役になったのかなぁと思うと
嬉しい気持ちになりました。
初めて、どこかの街を訪れる時、一度行かれた方の日記や体験を参考にすると、
旅先の不安がすこしはやわらぎます。 

  Pict0098

エディンバラの東部にはカールトン・ヒルという丘があります。
ここからは広大なホリルード公園(写真)や市街が一望でき、
ちょっとした運動にもなって、お勧めの丘です。

antique shop 8trees

2008/01/15

poem

大晦日のことなんて、もう半月も前のことになりますが、
HHKの紅白歌合戦は毎年DVDに録画しておいて、
後から好きな歌だけを聴いていました。
でも昨年の紅白はどういうわけか、生放送を最初から最後まで見てしまいました。

最初のほうは私にはついて行けない曲ばかりで、
へぇ~これって何を歌っているのかわからへん!と思いながら
音楽より衣装を楽しんでいました。
その内、中島美嘉の‘LIFE’のこの部分
「・・・・・目の前に広がる世界に、意味のないものはひとつもなくて・・・」を聴いて
作詞に引き寄せられていき、この曲の中で言いたいことって何?
その後何度も口ずさみ考えています。

コブクロの“蕾”
秋川雅史の「千の風になって」ほんとうにいい曲ですね。
そして、一人一人がバラバラで活躍しているのにチャンとまとまっている
TOKIOやSMAPが好き。
TOKIOの“青春”
「十字路に突っ立ち、生き抜く標式をさがしあて・・・・信じるのさ永遠と未来と明日を」
まさしく青春時代はそんな日々の繰り返しでした。

詩は、自分の思いを何となく代弁してくれているようで、
励まされたり、勇気づけられたりもする。
「千の風になって」を聞くたびに、亡くなった人が遠くに行ってしまったのではなく
身近なところにいるようで、悲しみが小さくなる。

         Img_8148  

       antique shop 8trees

2008/01/13

小さな旅

ご入金頂きましたお客様のお品はすべて発送しました。
お品が届いたお客様から、お礼のメールを沢山頂いています。
喜んでいただいてよかったです。

発送の作業に追われ一言もごぶさたでした。

今年の正月は日帰りバスツアーで栃木の「佐野厄除け大師」を参拝しました。
日本で最初にできた大学「足利学校」にも寄ってきました。

  Pict00051


帰り道には、楽しみの「いちご狩り・食べ放題」。
甘ずっぱい香りにさそわれて、ハウスのなかに入る。   
大きなイチゴをほうばると瑞々しいあま~い果汁が口の中にひろがる。
いつもはスーパーのパック入りしかたべていないので、
もぎたては、やめられない、とまらない。
10個のつもりが、20~30個ぐらい食べたような気がする。

 Pict00181

antique shop 8trees

2008/01/09

sale の初日

沢山のご注文ありがとうございます。
ご注文が重なりご希望にお応えできなかったお客様に大変申し訳なく思っています。
メールのお返事に午前2時半過ぎまでかかりました。
こんな事は久しぶりのことで、最後は頭がクラクラしてきました。

早々にご入金いただいたお客様が多いので、
発送作業が混みあい通常より遅くなるかも知れません。
順次、発送をいたしますので、
今しばらくお待ちくださいますようにお願いします。

1月は更新を予定しておりません。
新春セールはまだ始まったばかりですので、
在庫のお品をもう一度見入ってくだされば
出番を待っているアンティークたちも喜んでくれると思います。

antique shop 8trees

2008/01/07

8treesの“sale”

昨年も1月8日に新春セールをしました。
どうも 8 にこだわりますね(^^)

「8trees」は年2回セールをしていますが、
在庫品はどれも状態の良いお品ばかりです。

新商品の更新の時、あれもこれも欲しくなるのがアンティーク好きの心理です。
しかし、アンティークはお安いものではありません。
皆さん、財布の中身と相談して、買い物をされます。

海外で眠っている旧い時代のお品をたくさん探してきて、
皆さんにご紹介したいと思っていますが、
倉庫も店舗もない我が家では、スペースを空けていかないと
だんだんと買付品が部屋に入りきらなくなります。
そこで年2回、かなり大胆なバーゲンセールをすることにしています。

でも私が気にかけるのは、お値段にかかわらず
お品が気に入って満足していただけるかどうかです。
「こんなリーズナブルなお値段で、ほしかったお品を手に入れることができた」と
喜んでいただければとても嬉しいです。

どうぞ、じっくりと品定めして、いいお品をゲットしてくださいね。

antique shop 8trees

2008/01/06

ポットウォーマで活ける

今日から仕事始めです。
東京の年始はお天気に恵まれ、穏やかな日和でした。
元旦には次男夫婦が来て、空っぽのお腹を満たして、
うたた寝した後、帰っていきました。
二人とも働いているので、正月ぐらいはゆっくりさせてやりたいものです。
こうして、訪ねてくれるだけで、にぎやかなお正月になりました。

大晦日に正月の花を活けました。
今年はアンティークのホウロウのポットウォーマに松、梅、菊を低めにアレンジ。
ウォーマはポットのお湯が冷めないために作られたものですが、
程よい穴をいかして、お花をいける花器として代用できます。

                Img_0163

週明けには、恒例の新春セールを開催いたします。
昨年も多くのお客様に喜んでいただき、殆どのお品が完売しました。
詳細はメルマガ及びトップページでお知らせしますので、
今年も良いお品を上手にお買い物をしていただければ嬉しいです。

2008/01/05

新年

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。 

我が家からみた元旦の初日の出
2008年のはじまりです。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申しあげます。

Dvc000031

「ちょっと一言」をブログ日記にしました。
今までとあまり変わりませんが、これから試行錯誤しながら、読みやすくて、
興味がわくページにしたいと思っています。

2008年は8月8日から北京オリンピックが開催されます。
8は中国では縁起が良い数字とされ、この日に決められたそうです。
「8trees」も飛躍の年にしたいと願っています。


トップページ | 2008年2月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ