« アンティークフェア | トップページ | 目で感じたこと »

2008/02/18

シネマフイルム

パリの今年の冬はとても暖かい、との便りが届きました。
ロンドンも、2月に入ってからは春のような日が続き
日中はポカポカと暖かいほどでした。
どんよりとしたイギリスのイメージはみじんもありません。

ロンドンの主要ターミーナル駅や目抜き通りには、この暖かさに誘われて
大勢の人が行き交い、カフェやレストランのテラス席も賑わっています。

地方のアンティークフェアやロンドン近郊のマーケットには
欧米の人たちが沢山買い付けに来ていましたが、
日本人は少なく、欧米のバイヤーさんとはアンティークの好みも違うので
競い合うことなく、ゆっくりと買い物ができました。

アメリカ人の女性のバイヤーさんの買い付けを見ていると
ガーデニングの石像や家具の大きさに驚きます。
シッピング会社の中年の男性スタッフは、その家具を見ながら、腰に手をやり
「ギブアップ」というようなしぐさをしていました。
私の家にはとても入りません。

それに比べて私の買い物は細々した小物が多く、気後れを感じますが、
それはそれでまた珍しいものが見つかり楽しいものです。

写真の絵が描かれたガラス板は昔のシネマフイルムで、
一コマ一コマを活動写真のように差込み写したそうです。
小さなステンドグラスのようで、光にかざすととってもきれいです。


 Img_0191 Img_0192  


               antique shop 8trees

« アンティークフェア | トップページ | 目で感じたこと »

antique」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ