« セルロイドカード | トップページ | 便利なアンティーク »

2008/03/11

春の便り

一雨降って、一段と春めいてきました。
桜の開花がまちどおしいです。

先日、お客様より、お雛様の箱の和菓子が届きました。
添えられたお手紙によると、
「お雛祭りに間に合わなかったですが、八木さんのお名前にぴったしのお菓子を見つけたので送らせていただきました。」と書かれていました。

讃岐和三宝糖で作られた、ある老舗のお干菓子で、そっと開けてみれば、その上品さと
かわいらしさに、食べるのがもったいないくらいです。
東京のデパートで、これに似た乾菓子は見かけることもありますが、
買って食べたことがありません。

お客さまとのご縁はSHOPをはじめて、間もなくのことでした。
その頃、小学生だったお嬢様も今年は高校受験で、
念願の志望校に合格されたとの朗報をお聞きして、自分のことのように嬉かったです。

このご家族にはとても悲しい出来事が起こり、
それを乗り越えて、立派にお育てになっている姿にいつも感心しています。
口の中で、なめらかに溶けていく小さな干菓子は、
アンティークがご縁で知り合ったこのご家族とのさまざまな交流を思い出させてくれます。

 

    Img_0590_2


            antique shop 8trees        

« セルロイドカード | トップページ | 便利なアンティーク »

my life」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ