« 3月のプレゼント | トップページ | イギリス流の食 »

2008/03/03

ディラーもお疲れ

三月三日はひな祭り。
私の名前「やよい」は桃の節句とは特に縁がなく、
日本の女医の草創期の一人で、東京女子医大の創立者“吉岡弥生”さんのような
女医さんになってほしいと、祖父が名づけたようです。
できが良くなくて女医の道には程遠く、祖父の思いと夢は叶いませんでしたが、
人生の復路で好きなアンティークにかかわる仕事ができて、
女医になれなかったことをそれほど残念に思ってはいません。

春になると、昼間でも、うとうとと眠くなります。
イギリスで目にしたお昼寝の話をちょっとご紹介します。

この間の買い付け旅行では
ロンドン近郊で開かれたアンティークFairと日程が合い、行ってきました。
このフェアは午前6時から始るのですが、
出店者は午前2時ごろから開店準備に取りかかるそうです。
そして、12時近くになると、殆どのお店が商品をしまいはじめます。

私は8時前に会場に着くように出かけましたが、もう買い物袋を手に帰る人もいます。
会場内をしばらく回っていると、面白い光景を目にしました。
マイセンばかり売っている叔父さんが、商売そっちのけで、車の中で熟睡中!
みんな暖かい陽気と、朝早い出店にお疲れ気味。
裸陳列のマイセンは大丈夫かなと、つい心配になりますが、
向こうの人はあせらず、のんびりとマイペース。

  P1000358    P1000352

昼食もろくに食べず、いそいそと探し回っているのは日本人のわたしぐらい。
せっかく行ったのですから、いい物を見つけなくちゃ・・・
こんな調子ですから、買い付けはいつも疲れますね。

                   antique shop 8trees    

« 3月のプレゼント | トップページ | イギリス流の食 »

season」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ