« 不思議な国のアリス | トップページ | 晴れてよかった! »

2008/04/10

品川の今昔

船便荷物の到着の連絡を受け、昨日は東京税関に商品の輸入申告に行ってきました。
朝7時すぎの電車に乗り、品川駅に向かい、そこからバスです。

この日は、私のアンティークの仕事の中で、一番いやな日で、緊張する一日です。
こんな大変な作業は、通関業者に頼むのが普通ですから、
個人輸入で、私のように種類も素材も多く、しかもアンティークを扱っている方は見かけたことがありません。
自分で申告の手続きをしているのは、コスト節減ということはもちろんありますが、
あまりにも種類が多いので、通関業者との事前のやりとりが結構大変ということも
その理由です。

品川駅の東口に降り立ったのは何十年ぶりです。
25年ほど前に品川に住んでいたことがあり、その当時は西口だけが賑わっていて、
東口は工場地帯で殺風景なものでした。
今は新幹線の駅もできて、人の波が絶え間なく東口に向かっています。
午前8時台の通勤ラッシュをご覧下さい。

Dvc00002

背広姿の男性たちはどこに向かっているのでしょう。
駅前には高層オフィスが立ち並んでいます。
日に日に変わる東京です。

3月にご家族で東京見物にこられた高知のお客様
まるで外国にいくようで、西も東もわかりません。。。。
行く先々は人の多さに驚き、とても疲れましたと、メールを頂きました。

いやはや、東京に長く住んでいる者でさえも、
たまに都心に行くとビックリすることばかりで、疲れて帰ってきます。
一昔前は都会は便利で快適だと思っていた暮らしも、
今では、自然の多い静かな生活が一番いいと思うようになっています。

明日はいよいよ荷物の搬入作業、しばらくは梱包の開梱作業が続きます。

 antique shop 8trees   

« 不思議な国のアリス | トップページ | 晴れてよかった! »

my life」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ