« 桜の下で | トップページ | 品川の今昔 »

2008/04/08

不思議な国のアリス

ブログ「ちょっと一言」は皆さんもよく見ていただいているようで、
数日前のオックスフォードの記事を読まれた神戸のお客様から、
「何百年という歴史ある大学のもつ落ち着いたたたずまいと、そこで学ぶ若者の活気溢れる二つの雰囲気の融合がとても好きなのです。」とお便りをいただきました。
ケンブリッジには行ったことがあるが、オックスフォードはまだとのことです。

オックスフォードには、大学だけでなく、見ておきたい場所がこのほかにもあります。
その中でメルヘンっぽい「カーファックス・タワー」と「アリス・ショップ」をご紹介しましょう。

カーファックス・タワーはオックスフォードのランドマーク的存在の時計塔。
よく待ち合わせに使われる場所で、いつも人がいっぱいいます。
ラテン語で四辻という意味をもつこの塔はからくり時計になっていて、
15分おきに人形がダンスをしながら登場して鐘を鳴らします。
塔の頂上には階段で登ることができ、オックスフォードの美しい町並みが一望できます。

P1000305

「アリス・ショップ」は、有名な童話の『不思議な国のアリス』にも登場するお店。
もともとは雑貨屋さんだったというこの店は、アリスのモデルになった
カレッジの数学教師(のちの作者ルイス・キャロル)の娘、アリス・リドルが
キャンディを買いに来ていたというお店です。
カーファックス・タワーから徒歩6分ぐらいですが、
小さいお店なので見過ごさないでくださいね。

P1000336

  antique shop 8trees   

« 桜の下で | トップページ | 品川の今昔 »

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ