« 晴れてよかった! | トップページ | passport »

2008/04/15

荷解き

荷物の搬入から数日が過ぎても、まだ開梱作業は終わりません。
イギリスからの品物はどれもしっかりと、損傷が起きないように梱包されていて、
梱包材料も半端なものではありません。

Img_1077

荷解きする玄関は足の踏み場もありません。
買い付けた品物はすべて現地で写真を撮っていますが
あまりにも数が多いため、現物を前にしたとき、どのフェアで買ったのか、
すぐに思い出せません。

今回もいいお品が多く、何重にも梱包されたプチプチ紙を開く瞬間の心地よさは、
買い付けて来た者でないとわからない気持ちです。
「ようこそここへ」と鼻歌でも歌いたい心情ですが、中腰の姿勢は肩から首筋にかけて
かなり負担がかかり、後頭部がヒリヒリして来る。

4月の天候は変わりやすく、晴れ間は3日と続かない。
お天気の日は、冬物もそろそろしまわなくては、また更新の写真撮りもしたい。
気ばかりあせって、ちょっとブルーな気持ちになります。
開梱したお品から、少しずつ写真撮りをし、更新の作業を進めて行きたいと思います。

そんな状況ですが、新緑に誘われ、さわやかな空気をいっぱい吸っています。
一句詠みました。
「見上げれば 空にひろがる わか葉かな」 
ちょっと単純でお恥ずかしい (*^_^*)

 antique shop 8trees   

« 晴れてよかった! | トップページ | passport »

my life」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ