« 心と体の“洗濯” | トップページ | 温暖化 »

2008/05/21

リルケと薔薇

美しい薔薇がまた咲きました。
同じバラでも、どうして毎年花の咲き方や花の形が違うのでしょうね。
今年は中心部分が少し濃い目のピンク色で花びらが何重にも重なっています。
可憐な薔薇にうっとり。
数日後にはパラパラと花びらが落ちていく
この見頃の薔薇を撮らずにはいられません。

Img_1464

Img_1465

詩人リルケが薔薇を歌ったいくつかの詩句の中に

おまえのみずみずしさが
時折これほどわたしたちを驚かすのは
幸福な薔薇
それはおまえが自分のなかで、内部で
花びらに花びらを重ねて休らっているから。

夏 それは数日のあいだ
薔薇が生きているのと同じ時間を
生きること、
薔薇の花開いた魂の
まわりを漂うものを吸収すること。

薔薇を愛した彼は摘んだ薔薇の棘に刺されたのがもとで、
白血病となって亡くなったそうです。

薔薇はそのような詩人の生の営みのまたとない比喩であって、
その詩の意味を理解することは難しいことですが、
なんとなく今日の薔薇を眺めていると、
リルケがその優雅な美しさを詠っているのではないかとも思える。

  antique shop 8trees   

« 心と体の“洗濯” | トップページ | 温暖化 »

season」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ