« 美しい花には毒がある | トップページ | キッチンにぴったし »

2008/05/11

mother's day

日頃は音沙汰がない二人の息子たちで、男の子は味気ないなと思うが
“母の日”は忘れずに、毎年おくられてくる贈り物。
特に欲しいものはなくても、メッセージカードに「いつまでも元気でいてね!」と書かれていると、ほろりとする。

長男は健康志向なのか、今年は梅酒。
このところお酒を飲まなくなった私にはちょっとね!
そしたら、酒好きの主人が“代わりに飲んであげる。。。”なんて憎らしいことを言う。

次男は、ちょっと珍しいものを贈ってきた。
“プリザーブドフラワー”
プリザーブドフラワーとは英語で「長期保存できる花」という意味で、
天然の花や葉からできていて、植物のいちばん美しい時に刈り取って、
オーガニック着色料に浸し、数時間~数日間、花の力によって液を吸わせます。
この製法から着色とは違う自然な色合いが生まれ、
フレッシュな形状がそのまま1年以上も保てるそうです。

Img_1446

どんなものでも心がこもったものは嬉しいです。
2日前、母親に電話で~何が欲しい~と聞いてみたら、
欲しいものは特にないなんて言っていたが、贈られた私がこんなに嬉しいのだから、
やっぱり、強がり言っていた母も待っているのだろうなぁ・・・
そんなことを思うと矢も楯もたまらずギフト売り場に走った。
message cardに「元気で長生きしてね!」を添えて。

 antique shop 8trees   

« 美しい花には毒がある | トップページ | キッチンにぴったし »

my life」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ