« 吉祥寺散策 | トップページ | 繊細なレース »

2008/05/05

Rose

わたしたちは自然の光を浴びた花や緑に毎日癒されています。
もし小さな庭が、いいえ、ほんのひと鉢でもあると、毎日の暮らしは、小さな喜びの連続です。
「あ、つぼみをつけた!」「今日花が咲いた!」・・・
植物たちは、ささやかだけれど、小さな発見と、とびっきりの感動を与えてくれます。
今年もイングリッシュローズの白い花が、いっぱい蕾をつけて、咲いた。

Img_1441          

おとなりのプランターでは、ひと枝に5,6輪の花を咲かせてくれるスプレー咲きの
ミニ薔薇が、もうすぐ咲きそうだ。
薔薇は虫がついたり、うどん粉病になったり、手入れも大変だけれど、
きれいな花がさくと、そんなことも、ぜ~んぶ帳消しになってしまう。

アンティークに薔薇のモチーフが多いように、バラの歴史をひもとくと、
いかに古くからバラが人の生活にかかわってきたかがわかります。
気品ある優雅さはやっぱり花の女王で、見る人をやさしく包みこんでくれます。

  antique shop 8trees   

« 吉祥寺散策 | トップページ | 繊細なレース »

season」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ