« 繊細なレース | トップページ | mother's day »

2008/05/09

美しい花には毒がある

数日前のある晴れた日、近くの東京都薬用植物園に散歩の道すがら立ち寄った。
この時期は春の薬草の花がたくさん咲いていて、多くの人が訪れていました。
植物園の一角には厳重に柵をめぐらした場所があり、ケシの花が咲いていた。
ケシは有毒植物でアヘン法により栽培が禁止されていて、柵越でしか見ることができません。
柵の中には八重咲きのケシやパンジーのようなアツミゲシが咲いていました。
毒と薬は背中合わせといわれるように、鎮痛、鎮咳薬の製造原料でもあります。

Dvc00001 Dvc00004_2

薬草の花は大木から、小さな草花まであり、どれも花は小さめで可愛いです。
その中でひときわ群生しているスズランを見つけ駆け寄ってみると、
意外にも有毒植物で、誤食により心臓麻痺がおこる・・・と書かれています。
このスズランは“ドイツスズラン”と命名されていましたが、
日本のスズランも同様の作用があると書かれているのを見て恐ろしくなりました。

Dvc00005Dvc00006_2

美しい花には、棘があったり毒があったりするものもあります。
東洋医学の漢方薬は薬草を原料にしているものが多いので、安心していたけれども
植物を扱う時は気をつけないといけませんね。

  antique shop 8trees   

« 繊細なレース | トップページ | mother's day »

my life」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ