« フェアに出店して | トップページ | アンティークビン »

2008/06/04

Fairウラ話

アンティーク屋が集まったフェアの各ブースの境界線は通路と床に張られたテープのみで、お客さんにはわかりにくい。
当店もおとなりさんと、取り扱っている商品が同じアイテムもあり、
戸惑うお客さんもチラホラいた。

左斜め前で、岐阜から出店しているおじさん。
大きなソフアに、ピクニックバスケット、コートハンガースタンドなどの大物が場所を占め
後にはホームプライドのホウロウのハーフフラワー缶がやけに目だっていた。

このおじさん、“自分のブースは、寒い日はものすごく寒く、
暑い日は無茶苦茶暑い”と不満をいいながら、
1日目と2日目はホットコーヒーを片手に、エイト・ツリーズに何回も表敬訪問?
毎回同じブースらしく、「それなら変わればいいのに」と思うが、
どうも、おじさん、あの吹きさらしの場所が気に入っているらしい。

“ソフアは今度も売れなかったので、2日後に開催されるフェアに持っていく”
と最終日は早々と店じまいしていた。

売れても売れなくてもくったくのないこのおじさんのお蔭で、緊張感もほぐれ
不思議と肩の力が抜けて楽な気持ちになった。

午後、夫がランチとトイレタイムに来てくれたけれど、夫が店番すると誰も店に入らないので、用を足したらすぐ戻り、店にへばりついていた。

時折、U・Kストアルームの香川君が「八木さん どう?」なんて来てくれたので、
他のお店の様子も聞こえてきた。
その彼は、フェアが終わった翌日、イギリスへ買い付けに旅立った。
お隣さんも、20日からフランスに買い付けに行くと言っていた。
みんなアンティーク屋は私と同じなんですね。

antique shop 8trees   

« フェアに出店して | トップページ | アンティークビン »

antique」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ