« ローマは一日にして成らず | トップページ | 丹波山村の花 »

2008/06/12

つばめ柄

イギリスのアランデルのアンティーク市で、ツバメ柄の小さな木箱や楊枝入れを見つけ
あまりの可愛さに心をそそられ、即、購入しました。

知り合いの小物好きのソーイングSHOPのオーナーMさんに、
ツバメ柄の小箱を、新宿でのフェアに持って行くと話したら、
1日目にお店を閉めて来店してくれた。
彼女はすぐに気に入って、購入してくださった。

P10003734

ツバメが箱の上にとまっている陶器の楊枝入れは、男性の目に留まり、
これも売れてしまいました。
いつも来場しているアンティークフェアの常連さんは、
珍しいものはよくご存知のようです。

昨年買った本の1ページにツバメの絵や花がハンドメイドで描かれた木箱が掲載されていた。
5年ほど前はフランスに行けば、こんな木箱も時折見かけたのに、最近はめっきり
探せなくなった。

Img_8136

でも、木箱に限らず、鳥の絵柄は、布やクロスに手刺繍されていたりと
じっくりと時間をかけて探せば、まだまだ見つかります。

Img_1854

こんな小鳥柄のファブリックも可愛いのではないでしょうか
次回の更新のお品です。


 antique shop 8trees   

« ローマは一日にして成らず | トップページ | 丹波山村の花 »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ