« 雨の日は・・ | トップページ | ゲリラ豪雨 »

2008/08/26

バルボティーヌ

私がはじめて買い付けにパリを訪れた時、メトロのシャティーヨン行きに乗り、
蚤の市があるポルト・ド・ヴァンヴで一枚の盛り上がったバラの花のお皿を見つけ、
なんてきれいなお皿なの!と思い購入しました。
まだ、このお皿の名前も、由来も知らない時でした。
日本に帰国してからしばらくして、このお皿は19世紀後半から20世紀のはじめに
流行したバルボティーヌという、陶器の粘土をかなり軟らかく成形しやすくして、
いろんな形の型に入れて作ったお皿であることを知りました。

バルボティーヌの陶器でしばしば目にするのは果物シリーズの
20センチほどのデザート皿。
イチゴ、サクランボ、洋ナシ、ブドウ、珍しいのはドングリなどもあります。

  Img_2774_2Img_2776_2
  Img_2785Img_2787_2

その頃は一年に5回、渡仏していましたから、良い状態のバルボティーヌのお皿を見つけると、いつも買って来ていましたが、その後フランスで見ることも少なくなりました。

その年の12月クリニャンクールのマルシェで、
数枚重なったアスパラガスのモチーフのお皿を見つけたのですが、
日本では白いアスパラガスは缶詰以外に食べたことがないので、
馴染みが薄く迷った末買わなかったのです。
バルボティーヌの中でもアスパラガスのモチーフはとりわけ色合いが豊富で興味がひかれ、一枚でも飾っておくだけで存在感があり、後悔がのこる結果となりました。

状態の良いバルボティーヌ、久しぶりのご紹介となります。

  antique shop 8trees

« 雨の日は・・ | トップページ | ゲリラ豪雨 »

antique」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ