« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008/10/31

お礼

連休前にもかかわらず、たくさんのご注文を頂ましてありがとうございます。
9:00ジャストと同時にご注文メールがスルスルッと入ってきます。
同じお品に重なっていないようにと願いながら1通ずつメールを開きました。
でもやっぱり今回も一部の商品はご注文が重なっています。

同時刻着信の場合、後先の違いはないので、少しでも多くの人に
お品をお届けできるようにと、いつも思っています。
今回ご縁がなくても、次回はきっとあると思います。

10月の買付けでは、魅力的なお品を数多く買付けてきています。
これから、順にご紹介していきますので、よろしくお願いします。

P1000641_3

  antique shop 8trees    イギリスのどんぐり

2008/10/29

新商品 up

本日新商品48点UPしました。
10月の買い付けで持ち帰りましたお品を中心にご紹介しました。
どうぞごゆっくりとご覧になって、気に入ったお品を見つけてくださいね。

商品に関してのご質問などありましたら、何なりとお気軽にお問い合わせ下さいませ。
それでは、今回もよろしくお願いいたします。 

 antique shop 8trees   

2008/10/27

ビーズバッグ

TOPページの写真はパリのリネンSHOPです。
アイビーの葉が紅葉していて、お店の赤いドアによくマッチしていました。

パリのアンティークはイギリスとはちょっと違って、蚤の市やビンテージショップで
ステキなバッグに出会えることがあります。
ビーズを使ったもの、繊細な刺繍を施したもの、細い銀の鎖だけで編んだものなど、
様々な素材のものがあります。

バッグのよしあしは袋の部分のデザインで決まるのは勿論ですが、
美しいものには、その当時の世界をみる手がかりがあることも、大きな魅力の1つです。

   Img_3263
   Img_3264

   1800年代後期の、紐で腰からぶらさげる巾着型のバッグ

   Img_3288
   
       かわいい刺繍のビーズバッグ

誰もが、美しいと思える繊細なアンティーク、
そんなところにも留意してご覧になっていただきたいです。

  antique shop 8trees  

   

2008/10/25

シェ・ソフィー・デュポン

ソフィーのブロカントショップはパリのモンマルトルにありますが、非常にわかりにくいです。
フランス語の地図で探しても、たぶんたどり着けないと思います。
私は日本のガイドブックの付録の地図で行きました。

サクレ・クール寺院を正面に見て右側の道路をどんどん行くと突き当たり
道路は左に曲がっていますが、右側に急な階段の小路があります。
この階段を下り左に曲がると、通りの左側に見えてきます。

この階段のマーク(IIIIII)が現地の地図には載っていませんが、
さすが日本の旅行書、アバウトではなく信頼できますね。

ソフィーのショップはジュウ・ドウ・ポウム著の「パリのアンティーク屋さん」にも
掲載されていますが、ソフィーさんは本当に気さくなやさしい方です。
しかし、店内は本に掲載されているのとは、全くというほど違っていました。

   P1000713

ポスターや版画、絵画、リトグラフ、フランスの文献のようなお品が多く
フランス人のお客さんが買い求めていました。
フランス人は部屋にポスターや絵を飾るのが大好きで、
アーティストの書いた何が描かれているのかわからない絵も人気があります。

私も100年前の貴重な新聞を見つけました。
1894年12月29日のモード新聞「LA MODE NATIONALE」
天使の絵や新聞の中の写真がとても素敵です。

   Img_3431_2Img_3433

   Img_3434

今から114年前のモード新聞です。
当時の女性はエレガントな衣装を身につけていたのですね!
この時代のモード新聞は、殆ど残っていないそうですので、
興味のある方は、更新時にご覧になってください。

29日前後に更新する予定でいますが、作業が完了しましたら、
メルマガでお知らせします。
同時にサイトTOPページにも掲載しますので
確認してくださるようにお願いします。

   antique shop 8trees  

2008/10/23

フランスのブロカントショップ

ユーロ・スターでパリに到着するとすぐに、人気ブロカントショップでお買い物。

ホテルから近いモンマルトルの丘へと続く通りにあるお気に入りのショップへ。
オーナーのギョームさんは買い付けで不在でしたが、
若いAURE’LIEN君が丁寧に対応してくれた。

2年前と同じようにキリストのオブジェたちが棚の上から見下ろしていました。
このショップにはフランス南部の可愛い陶器のプレートや
特にカフェオレ・ボウルは珍しいものがあります。
今回は少なめでしたが、いい状態のものを買ってきました。

       Img_3465

別のブロカントショップで見つけたフレンチクロスとぴったし合って感激 

   Img_3350  

   サキソニー柄のような、ほのぼのとした手描きのボウル 

   Img_3321

         こんな可愛いマットもあります

すべて次回更新のお品です。
10月末にはご紹介する予定でいますので、
どうぞ、もう少しお待ちくださるようにお願いします。

  antique shop 8trees  
   

2008/10/21

イギリスの村

イギリス行程の半ばを過ぎた頃の午後、ちょっと一休みして、
宿泊していたトラベルロッジの近くの村を小一時間ほど散策してみました。
こんな田舎なのに、村の家々はとても美しく、日本より早く紅葉が始っていました。

       P1000651

    ハウスにからまるアイビーの葉の色鮮やかな紅葉

   P1000649

    小学校の下校時間 父兄がたくさん迎えにきています
    路上には送迎の車がずらっと駐車していました

   P1000648

    家の庭には大きな林檎の木と芝生の中央の小さい木にも
    リンゴがたくさん実っています

   P1000650

       小学校の校門のそばのリンゴの木

   P1000655

    手をたたいたら、驚いて羊さんは逃げていってしまった

   P1000660

    村を走る道路のそばでゴルフを楽しむ人たち

           antique shop 8trees  

2008/10/20

野宿のイタリア人

アンティークフェアにはいろんな国の方が買い付けに来ています。
イギリス人はロンドンのアンティークSHOPの店主や、一般客です。
イギリス以外の国の人はバイヤーが殆どです。

P1000618_2

このイタリア人のバイヤーさんはホテルに泊まらないで、
フェア会場の片隅にテントを張って野宿するようです。

P1000619

話しかけると「テントで寝るのもいいものだよ!」と
自炊用のコンロや特製のベッドまで見せてくれました。
ずいぶん手慣れた様子でしたが、ちょっと冬場はできませんね。

とにかく会場は広いですから、一日ではとても廻りきれません。
そして、最初に行かれた方は物がたくさんあるのに何を買ったらいいのか
戸惑い、まごまごしている内に夕方になってしまいます。
何度も行っている私でさえ、頭がボ~として、足もとはふらつき
買付けの意欲が失せ、カートの中には数点の品物しか入ってない日もありました。

しかし、本来がアンティーク好きですから、また気持ちを取り直し
探し始めると、やっぱり戦利品が見つかります。

すごく素敵なドールハウスを見つけました。
中の調度品も1つ1つしっかりと作られていて、
各部屋のドアや2階に上がる階段まで丁寧に作られています。
ウィンザー城でみたドールハウスのミニ版にそっくりです。
同業者もこのドールハウスには驚いていました。
実物が届きましたら、またじっくりとご紹介しますね。

P1000615

        antique shop 8trees  

2008/10/18

イギリスのfairs

秋晴れのいいお天気が続いていますね!
帰国後の時差ぼけで、まだ普通のサイクルに戻っていません。
年々、買付けも楽ではなく疲労もたまりますが、何とか乗り切っています。

渡英する度に必ず行くイギリス中部の大きなフェア
もう、何回目になるのか覚えていません。
同じ場所なのに、行く度に新しい出会いと発見がありますが、
いいお品が少なくなった事と、5ポンド位で買えた物が、10ポンド単位に高騰しています。
為替レートが一時に比べると、このところ幾分ポンド安になっているのが
ちょっぴり救いです。

フェアでは「買付けや、シッピングのお手伝いをしましょうか」と
日本語を話せるイギリス人やイギリス在住の日本人によく声をかけられますが、
その気にはとてもなれません。
自分で買付けに行くと、肉体的にも精神的にもしんどいのは当然ですが、
やはり終始、自分で探すことにこだわっています。
その結果はこの仕事を終えてみた時に、すべてがわかるような気がします。

SWINDERBY FAIRでは広い農場にサーカスのようなテントがいくつも建てられます。
時には強風でテントがあおられ倒れそうになることもあります。
そのためテントに登り安全確認をしている人を見かけました。
滑り落ちないかと、見ている方も冷や汗がでます。
前回の買付けでは、沢山のテントが倒れて開催時刻が大幅に遅れてしまいました。

P1000608_2 

アンティークフェアではいつもの事ですが、私が「ノー・ダメージ?」と聞くと
店主は「100年前のものだから、当たり前の事で、ごく普通だ」と笑いながら言います。
しかし、壊れているもの、割れているものは、やっぱりダメージであって、
物によって妥協はしません。
今回の買付けも、あれもこれもと手を出さず、
納得の行く物だけを選び買付けて来ました。

P1000698_2 

2週間足らずの買付けでは、望んでいるものが全て見つけられたわけではありませんが、
今までにご紹介した事がないお品をたくさん買ってきました。
きっとお目に留まるお品があると願っています。
どうぞ、次回の更新を楽しみにお待ちください。

 antique shop 8trees  

2008/10/16

買い付けから帰国

長い買い付けの旅でした。
今回はイギリスとフランスの両方でしたので、ハードな日程で、とても疲れました。
パリでの最終日は少しゆっくりとパリの目抜き通りを歩きましたが、
それ以外は終日アンティークを探索する日々でした。

幸い、買い付け期間中はお天気に恵まれ、連日、穏やかな小春日和で、
セーターもコートもいらないベストコンディションの気候でした。
また、日本から買い付けに来ている人が殆どいなかったので、
たくさん上質な商品を買い付けることができました。

イギリス最大級のアンティークフェアを2箇所廻り、フランスでは蚤の市は勿論、
お目当てのブロカントアンティークフェア、人気のアンティーク屋さんにも行ってきました。

買い付けに行っている間に日本でも色々な事が起こったようですが、
イギリス、フランスでも同じで、イギリスでは、大きな企業が倒産したり、
フランスでは30代の有名な俳優さんが亡くなったり、
皆さんテレビに釘づけになっていました。
イギリスもフランスも株価下落のニュースは日本と同じように流れていました。

お話したいことはたくさんありますが、今日は帰国のご挨拶にとどめておきます。
これから、旅の様子と買い付け情報をお知らせして行きますので、
ブログを楽しみにご覧ください。

P1000725_3   

              antique shop 8trees  

2008/10/03

暫くお休みです

TOPページでもお知らせしておりますように、10/4~16日までお休みさせて頂きます。
ご不便おかけしますが、よろしくお願いします。

ユーロースターもほぼ平常通り運行されるようになり、一安心しております。
ブログ「ちょっと一言」を毎日楽しみにして頂いている皆様
また、イギリス、フランスで見聞をひろめて帰ってきますので、楽しみにお待ちください。

 antique shop 8trees  

2008/10/01

旅立ちの前に

数日前に、ローズベリーアンティークの松野様から次のようなメールを頂きました。

「10月の買い付けに際しユーロスターをご利用予定と”ちょっと一言”より
拝見したのでメールしました。
ユーロスターは9月中に事故があり、
現在運行しているかご確認が必要かと思われます。
今回の事故も復旧に時間がかかるものと予想されます。
お出かけの際は、今一度ご確認をされたほうがよろしいかと、
僭越ではございますがお知らせした次第です。」
と言う内容でした。

急いでユーロースターのサイトを見ましたところ、
9月11日に英仏間のトンネル内で火災が発生して、大変な混雑になっているようでした。
サイトだけでは現在の状況を把握することができず、ロンドンの知人に調べてもらった結果、9月中は60%の間引き運転で、10月は90%の運行に改善されるとのことでしたが、ダイヤは大幅に乱れ、ロンドン~パリ間は4時間もかかっているそうです
(通常は2時間15分)。

昨日、ようやく10月のTIME TABLE(時刻表)が発表され、
幸い私の予約していた列車は発車時間が1時間ほど早まっていますが運行されていて、安堵しています。
とにかく、海外の事故の復旧は日本のようにスムーズではありません。
今回の事故も早く復旧しても、11月上旬まで影響を受けるようです。

松野さんは同業者でありながら、キルトをご注文いただいたのが最初のご縁でした。
お互い忙しく、ずいぶんご無沙汰していましたのに、
ご親切にお知らせ頂いて、もう感謝の気持ちで一杯です。

人の身になって物事を考えられるオーナーさんは、素晴らしい人です。
旅立ちの前に、ハッピーな気持ちになりました。

Img_3183_2

    ピンク色の屋根と壁が可愛いフランスのホテル

                        antique shop 8trees  

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ