« シェ・ソフィー・デュポン | トップページ | 新商品 up »

2008/10/27

ビーズバッグ

TOPページの写真はパリのリネンSHOPです。
アイビーの葉が紅葉していて、お店の赤いドアによくマッチしていました。

パリのアンティークはイギリスとはちょっと違って、蚤の市やビンテージショップで
ステキなバッグに出会えることがあります。
ビーズを使ったもの、繊細な刺繍を施したもの、細い銀の鎖だけで編んだものなど、
様々な素材のものがあります。

バッグのよしあしは袋の部分のデザインで決まるのは勿論ですが、
美しいものには、その当時の世界をみる手がかりがあることも、大きな魅力の1つです。

   Img_3263
   Img_3264

   1800年代後期の、紐で腰からぶらさげる巾着型のバッグ

   Img_3288
   
       かわいい刺繍のビーズバッグ

誰もが、美しいと思える繊細なアンティーク、
そんなところにも留意してご覧になっていただきたいです。

  antique shop 8trees  

   

« シェ・ソフィー・デュポン | トップページ | 新商品 up »

antique」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ