« アンティークのあかり | トップページ | Whisby Natural Park »

2008/11/11

ハート型のオブジェ

最近、オブジェに注目しています。

イギリスでもフランスでも、アンティークと産業デザインを組み合わせて
上手にディスプレイしたショップによく出会います。
あちらの人は、機能的な椅子や収納箱を空間にうまく取り入れ、
インテリアを楽しんでいます。
こういった雰囲気は特に若い人に受け入れられていますが、
日本では、まだまだ小物中心のディスプレイが主流で、オブジェも小さめが好まれます。

買付けにいく前には、どんな物を買ってくるか、いろんな本を読んだりして、
下調べをしてから出かけます。

“ハート型のオブジェ”、数冊のアンティークの本に掲載されていたオブジェです。
教会で願い事を書いた紙を納めるためのものです。
今、フランスでもっとも注目されているオブジェですが、状態がいいものは少ないです。
なにやら古めかしいフランス語の文字がハートの表、裏に書かれています。
どれにも、1638年、1938年の年号が入っています。

  Img_3638

  Img_3859_4

クリスマスツリーにオーナメントとして飾ったり、
何となく意味ありげなオブジェとして、ディスプレイしても素敵です。

         antique shop 8trees  

« アンティークのあかり | トップページ | Whisby Natural Park »

antique」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ