« my shop | トップページ | 都庁界隈 »

2008/11/23

甘いもの、大~好き

Img_4105メタボが気になる年頃となり、肉類はなるべく控え野菜中心の食事となっています。
先月、メタボ検診の結果はすべて◎◎◎でした。
もともとダイエットなんかに興味がなく、
食べたいものを食べるのが、体に一番いいと思っている。
今日はトンカツを食べたいと思えば、トンカツを食べ、淡白な、あっさりしたものが食べたい日は、そのような献立にしています。

体は、正直で、どんな好物でも3日続けば飽きてしまいます。
それが、スイートなお菓子となると、これまた不思議で、食事の後でも入るのです。
まさに別腹というものですね! 

Img_4077私は4時ごろ、とてもお腹がすくのです。
何か甘いものを口にしないと、夕食の準備をするのがいやになります。 そこで、いつもプチパンや甘いお菓子を少し食べると満足感が得られ、
気持ちが落ち着き、夕食の準備にも力が入ります。    
甘い物が食べたい時は、
体が要求しているのですからガマンしないで食べる。これが私にとっての健康法です。


12月はクリスマスを口実に、甘いものを食べる機会が多いです。
アンティークの器にのせると、市販のチョコやプチケーキもオシャレなティールームで
食べた気になる。
袋からだして、ムシャムシャかぶりつくのではなく、お気に入りの器に移し替えて頂く。
そんな手間ひまを惜しまないのが、食を楽しくするコツです。
写真のガラスコンポートとケーキスタンドは次回更新でご紹介します。

antique shop 8trees    

« my shop | トップページ | 都庁界隈 »

antique」カテゴリの記事

my life」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ