« 寒い朝 | トップページ | キャンドルホルダー »

2008/12/18

永遠の輝き

テレビのニュースをみると景気後退の話ばかりで、
気分が暗くなってきます。

昨今、モノの大量生産・消費時代は終わりつつあり、
良質で何か光るものを持った本物が求められ、
大切に後世にまで残していこうという時代を迎えています。

上質なお品をできるだけお求めやすくご紹介できるように努めることは
私にとっても大きな課題です。

今回、ご紹介するアンティークブローチは、私がとても気に入っているお品です。
私の持っているワードローブにあわせてみましたが、どれも美しく調和しました。
一年に数回しか使わない装飾品よりも、通勤に、お出かけに手軽に楽しんでいただける
ジュエリーを好みます。

アクセサリーは素材は勿論ですが、デザインによってその価値が決まるとさえ言われています。
また、アンティークジュエリーの魅力はなんといっても、その人の個性を引き立たたせ、
小さな輝きが何倍もあなたのために永遠に輝くことだと思います。

Img_4245_2Img_4248_4
Img_4233_4 

 antique shop 8trees  

« 寒い朝 | トップページ | キャンドルホルダー »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ