« 骨董ジャンボリー | トップページ | 玉川上水 »

2009/01/14

アーコール家具

アーコール社のドロップリーフテーブルとハイバックチェアをご注文いただいた
相模原のMさんのお宅に、チェアだけを車でお届けに上がりました。
M邸は昨年秋に新築された、できたてほやほやのお家です。
Mさんが玄関の外に出て、待っていてくださいましたので、すぐにわかりました。

リビングには、直前に運送会社から届けてもらったテーブルが置かれていました。
南に面したリビングは日が燦々と注いでとても暖かく、
壁面には、趣味にされているパッチワークのタペストリーが飾られています。

アーコールのテーブルと椅子は、2階の奥様のお部屋で
自分用にご使用されるそうです。

Img_4470

お届けしたら、すぐに帰るつもりでしたが、
Mさんが美味しい紅茶をロイヤルコペンハーゲンのティーカップに入れてくださり、
つい話がはずんで、少々長居をしてしまい、
また、主人のお酒のつまみにとお土産までいただいてしまいました。

Img_4476

このアーコールの家具は、イギリスの中部から港へ そして長い船旅を経て、日本へ。
そんなことを話すと、Mさんはとても感激しておられました。
これからはM邸で愛用されていくと思うと、わたしも嬉しいです。

帰路、昼食を摂ったお店で、古いステンドグラスを見つけました。
やっぱりアンティークは趣きがあって、いいなぁ。。。。

Img_4474

         antique shop 8trees  

« 骨董ジャンボリー | トップページ | 玉川上水 »

antique」カテゴリの記事

my life」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ