« 色で選ぶ | トップページ | メルボルンからの荷物 »

2009/01/25

洗濯物とラック

洗濯物の干し方として、イギリスでよく見かけるのは、
ウォッシング・ラインといって、太めの麻紐を、塀から塀とか、家の壁から塀とかに渡してそこに引っ掛け、洗濯バサミで止める干し方です。
形が崩れるとか、紐の跡がつくなどという細かいことはあまり気にしないようです。
もっと驚くのは、イギリスのお天気はひどく変わりやすいので、
洗濯しても、2,3時間経たないうちに雨になってしまうこともあります。
そんな時、日本人であれば大急ぎで取り込みますが、あちらではそのまま放っておきます。
その内きっと止むだろう。!!!
乾きが悪い時期は3日も4日もそのまま干してあることもあるそうです。

小さなことは気がつかない、気にならない、気にしない。
これはあるときには、羨ましい国民性ですが、買い付けのときはあまりアバウト過ぎるのも困ることがあります。

古いホテルに泊まると、暖房のパイプのわきに、ラックが置いてあるところもあります。
一般にリネンラックと呼ばれているラックは、洗濯物を室内で干す役割をしていた物で、
その内、多様に使われるようになったようです。

最近はインテリアスタイルとしてとても人気があります。
次の更新でもご紹介します。

Img_4762_2 

       antique shop 8trees

« 色で選ぶ | トップページ | メルボルンからの荷物 »

antique」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ