« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009/02/27

バイキング

昨日は雨、今日は雪が降っています。
写真撮影がままならず、更新の準備も足踏み状態です。
こんな日はお天気と同じで、気持ちは憂鬱で頭痛もします。

一枚のチラシに目が留まり、近くのホテルの北海道フェアバイキングに直行。
東京は、便利なようで、その分お金も逃げていきます。
身体に良いのか、悪いのかわからないが、
しっかり食べてこのストレスを解消しないと、
私はパソコンの前で悩み続けることとなる。

マルシェ バイキング・・・
食べなきゃ損とお腹一杯食べる人、
食べたい分だけ食べる人、個人差がありますが、
平日なのに何でこんなに混んでいるの?
みんな身綺麗にして、ザワザワ、ヒソヒソとおしゃべりしながら食べている。

隣の席の二人組の女性客のテーブルを見ると
お皿にデザートが山盛り!!!
食後に、こんなに食べるなんてすごいなぁ・・・
感心している場合じゃない、私も食べなきゃ。
まずは、オードブルとサラダから。
でもお皿にてんこ盛りにするのはやめて、
食べられる分だけほんの少しずつ取ることにしました。

再び隣のテーブルに視線  
いやはや、デザートがはじまりで、それからが本番でした。

それを見て、メイン料理は少量で、デザートをいっぱい食べることに。

Dvc00003_2

オレンジプリン、チョコプリン、グラスメロンショート

Dvc00006_2

ショートケーキ、オレンジと木苺のムース、チーズタルト

このあと、キャラメルとヘーゼルナッツのパウンドケーキと
チョコレートとグリオットチェリーのムースも食べてしまいました。

デザートは別腹といいますが、よく入るのです。
でも、最近下腹のふくらみが気になるので、このへんでやめました。
たまには、バイキングもいいなぁ。ああ~満足・満足

明日天気になあれ!

antique shop 8trees     

2009/02/25

お知らせ

3月中旬に5日間ほど休暇をいただき、小さな旅にでかけます。
当初、3月の更新は下旬にまとめてUPする予定でおりましたが、
休暇明けも、日数的にかなり厳しいものがあります。
そのため、準備ができる分だけでも、3月上旬にご紹介しょうと思っています。
発送の関係上、小さなお品が中心になりますが、レアな素敵なお品が多いです。
お天気がぐずつき、撮影が少し心配ですが、週末はガンバッテ写真撮りをして
来週中にはUPしたいと思っています。
3月になりましたら詳細をお知らせしますので、よろしくお願いします。

お品をお届けしたお客様から、お礼のメールや写真が届いています。
どこのお宅もステキでアンティークの宝庫ですね。
アンティークに携わる仕事をしながらも、羨ましいやら、嬉しいやら。
負けないように、我が家のコーナーも時々模様替えしています。

Img_4790_2

いずれ、この中のお品もご紹介したいと思っていますが、
もう少し、私にも楽しませてくださいね。

 antique shop 8trees     

2009/02/23

シネマと私

アカデミー賞で「おくりびと」と「つみきのいえ」がダブル受賞。
最近は日本映画も話題作が多く頑張っていますね。

私は学生の頃から、大の洋画ファンで、
大学の授業と授業のブランクの時間や、時々さぼって安い3本だての映画を観ていました。
『スクリーン』や『洋画ファン』の本が発行されると、
あこがれのオードリー・ヘップパーン、カトリーヌ・ドヌーヴなどの女優さんに魅入っていました。
こんなことを言うと、歳もバレバレですが、DVDのレンタルもなく、
身近な娯楽といえば映画ぐらいなものでしたからね!
学生運動も盛んで、ジーパンはいてデモることがごく普通の時代でしたが、
今の若者と比べればもっと活力があったように思います。

『マルタのやさしい刺繍』を観てきました。
期待していた以上によかったですよ。
見ているだけで癒される、スイスの豊かな自然と、かわいい小物たち。
伝統的な小さな村の保守的な人間模様と家族愛がえがかれています。

Img_5068

映画の1シーン、マルタの3人の友人のこの格好が笑える。
ゴミ箱から、取り出した袋を抱えて、忍び足・・・・

Img_5066

見終わって買ったパンフレットがまた可愛い!
刺繍模様の表紙に、このシーンが使われていた。

Img_5064

4月にDVDが発売されるそうです。
現在は上映されている劇場が少ないので、レンタルで観てくださいね。

antique shop 8trees     

2009/02/22

受付のとき

たくさんのご注文ありがとうございます。
今回も数点の商品にご注文が集中して、
多くのお客さまにお断りのお詫びメールを出すことになりました。

アンティークとの出会いはご縁ときっかけです。
いつかは廻り合えるという楽しみや期待があるからこそ、いつまでも飽きることなく
アンティークが好きになっていくのであって、
いつでも手に入るものであれば、収集の喜びも薄れて行くものと思われます。

ご注文の受付の瞬間を何度も経験しているわたしですが、
毎回、「重ならないで」と、ドキドキとメールを開いています。
いくらご注文メールが多くても、重なっていてはどうしょうもありません。

そんな中、お断りしたお客様から「また、よろしくお願いします」なんてメールを頂くと
安堵感と同時にやさしい心が伝わってきます。

2月の更新は、これで終わりです。
お暇な時に、もう一度ゆっくりとショップを覗いてみてくださいね♪♪

  antique shop 8trees     

2009/02/19

更新しました

本日29点更新しました。
いずれのお品も状態がよく実用できるものばかりです。
スペシャル プランとして希少なドールハウスを紹介しました。
プレビュー時間もたっぷりありますので、どうぞ ごゆっくりとご覧になってください。
商品に関してのご質問などありましたら、なんなりとお気軽にお問い合わせください。

近くの玉川上水の遊歩道には、早咲きの桜が満開です。
ちょっと早いお花見を楽しんでください。
それでは今回もよろしくお願いします。

    Dvc00003

            antique shop 8trees     

2009/02/16

近日中に更新

週末は春をとび越して、まるで初夏のような暖かさで、
半袖姿の人もちらほら、子供は川辺で水遊び!

メルボルンの山林火災が気がかりで、オーストラリアの友人に電話を掛けました。
意外にも、メルボルンより緯度が低いシドニーは雨つづきで、
真夏なのに寒くてストーブを出したいくらいと言ってました。
これも異常気象の影響でしょうか?
日本の暖冬もあまり喜んではいられないですね。

作業も終盤になり、近日中に更新いたします。
準備中の間、「ラ・モード・イリュストレ」の卓上カレンダーを送って頂いた九州のM様、
また、今年も満開の「クリスマスローズ」の写真を見せて頂いた四国のT様。
ありがとうございました。

ネットショップはお客様と直接お話できないのが、少し残念ですが、
こころは充分伝わってきます。
高度なテクニックをとり入れたHPやブログは提供できませんが、
誰でもが気軽に話かけられる家庭的な雰囲気のサイトにしていきたいと思っています。

antique shop 8trees     

2009/02/14

感謝をこめて

「ちょっと一言」は2003年の9月から書き始め、
最初は日記式で、アンティークの買い付けの旅(trip)や日々のたわいない出来事を書いていました。
今のブログ形式にしたのは2008年1月からです。

かっては2月14日のバレタインデーに「これはチョコレート会社の陰謀」だなんて書いた時もあったっけ。
バカバカしいと思って、冷ややかに見ていた世の中のできごとも、
最近は、「みんながうれしいと、わたしはもっとうれしい」と思うようになり、
少しは大人になったかなぁ!

夫婦も30年以上一緒に暮らすと、いてもいなくてもいいと思う日もあるが、
自分を生んでくれた母親よりも、夫と連れそう時間の方が長くなると、
もう後戻りはできなくなり、この先一生、多分(?)共に暮らしていくことになる。

大好きなアンティークの仕事を続けて行けるのも、夫の協力があるからこそ。
そんなわけで、今日の朝、感謝をこめてチョコレートを渡しました。


                Img_5060

チョコをプリンタートレイに入れてみました。
人生、この小箱のマスのように、まだまだ楽しいこと、やってみたいこと、
いっぱい詰まっているような気がします。

  antique shop 8trees     

2009/02/13

ドールハウス

寒暖の差が身にこたえるこの頃ですが、こうして一歩一歩春に近づいているのですね。
写真撮りもようやく終わり、ドールハウスの写真は、なんと50枚も写していました。

ドールハウスは、とても魅力あるお品ですが、私にとってはとてもヤッカイなものでした。
シッピング業者は取れそうなパーツは外して別に梱包してきたので、
どこの場所に調度品を置けばいいのか、イメージをふくらませるのに時間がかかりました。
幸い家具などは壁や床に固定されていたので、ここは、居間、寝室、玄関、・・・などと
言うように大体わかるのですが・・・なんせ小さな古いパーツなのと、
固定用の粘土がコチコチに固まっていて、困ってしまいました。

手がかかる子ほど可愛いといいますが、今はニンマリとしてこのかわいらしさに見とれています。
トップページのdoll houseの画像にマウスをあててください。
家の中の様子がわかります。
更新までの日数もそれほどありませんが、時々画像を変えたいと思っています。

       Img_5028_2

               antique shop 8trees     

2009/02/12

バルボティーヌ

バルボティーヌの陶器でしばしば目にするのは、果物柄シリーズです。
直径20センチほどのプレートで、昨年ご紹介しましたが、
好評で買えなかったお客さんもおられましたので、フランスでガンバッテ探して来ました。

前回は洋ナシやプラムでしたが、今回はイチゴやサクランボなどです。
バルボティーヌは色が果物に合わせてそれぞれ違っていて、お皿のふちの色も、
緑色や黄色など微妙に変化しています。
2枚のイチゴのお皿をみて、そんなところも観察していただければと思っています。

        Blog090212

バルボティーヌの歴史は16世紀にまでさかのぼる古いもので、当時の実力者であった
マリー・ド・メディシスが気に入って、ルーブル宮の近くで焼かせたそうです。
有名な陶工はベルナール・パリッシーでした。
サン・ジェルマン・デ・プレのあたりを歩いていると、
彼の名前のついた小さな通りがあるそうですので、今度パリに行く時は、
ぜひこの通りを散歩したいものです。

  antique shop 8trees     

2009/02/10

movieの中の刺繍

お天気の様子を見ながら、新商品の写真撮りをしています。

この冬、一番観たい映画作品に『マルタのやさしい刺繍』があります。
実はこの映画は、渡英する飛行機の中で観たことがあるのですが、
居眠り状態でみていたのか、おぼろげな記憶しかないのです。

ホームページで検索したら、2月14日のバレンタインデーから一週間、
吉祥寺のシネマで上映されるとのこと。
期間中に、今度はしっかりお目めをあけて観てきます。(○゚ε゚○)
スイスの小さな村に暮らす80歳のマルタばあちゃんが縫う伝統的な刺繍に注目したいです。
観た後の感想はブログでご紹介したいと思っています。

         Img01_2

そんなことで、更新では刺繍リボンや刺繍のサンプラーも久々に紹介します。

      Img_4940

スイスの山々に咲くエーデルワイスのお花の刺繍リボンもありますよ!
お楽しみに。

      Img_4778

              antique shop 8trees     

2009/02/09

チョコ大福

St..Valentine's Dayも近づき、どこのお店も特設コーナーにスイートなチョコが山盛り。
義理チョコから本命まで、今年のバレンタインデーは土曜日で、助かったと言っている
女性もあるのでは・・・?

そこで、売り場をキョロキョロしていたら、ちょっと珍しい大福を発見!

                 Img_4900_2

カカオたっぷりのチョコあんの中に北海道産牛乳を使用した生クリームをとじこめた、
季節限定のチョコあん大福。

宇野千代さんデザインのお皿にのせてみました。
一口食べると、程よい甘さがひろがり、
ひとあし早い春をかんじる昼下がりでした。

 antique shop 8trees

2009/02/07

コンサート

2月の更新から、はや週末を迎えてしまいました。
週末は少しゆっくりと休んで、来週から次回の更新の準備を始めたいと思っています。
次回の更新は20日以降になる予定です。

発送もほぼ終え、久しぶりに東京芸術劇場(池袋)での「大谷康子とその仲間たち 」のコンサートに行ってきました。
友人が取っておいてくれた指定席は、前から4列目のとてもいい席でした。
アンコールの時、客席に入り込み、私のすぐ傍でヴァイオリンを奏でてくれ、
ド・アップの彼女を見られたので、感激もひとしおです。
それにしても、赤いドレスに身をまとった彼女のウエストの細いこと。

        Dvc00001_2

        大谷康子公式サイト http://www.yasukoohtani.com/ 

ヴァイオリンの名曲サラサーテの“チゴイネルワイゼン”は1600回弾いたそうです。
それでも、1回ずつその音色は演奏する場所や、雰囲気で違い、
使用楽器はピエトロ・ガルネリ1708年製の300歳のヴァイオリン。
愛用のヴァイオリンが健康であることが、何よりも嬉しいと語っておられたのが印象的だった。
愛情を注いでいる楽器といつも一緒だからこそ、いつまでも聴衆を魅了するのですね。

  antique shop 8trees

2009/02/05

自分らしく

午前中は発送作業に専念して、午後は近くにお住まいのお客様が来られました。
その方は30年近く経ったお家をリフォーム中ですって。
それも何と、自分で壁のペンキをオフホワイトに塗ったりして、
お金をなるべくかけないで、古さを育てる工夫を家族で楽しんでおられるそうです。
その様子を撮った携帯画像を見せていただきました。

新しい壁には、以前“8trees”で買っていただいたウォールランプのシャンデリアが
とっても良くあっているそうです。
今日は、マーブルガラスの卓上スタンドライトと琥珀色のキャンドルホルダーを買って頂きました。
いつか新しい家に建てかえる時、今から気に入ったものを買っておかないと、
その時に探してもなかなか欲しいお品との出会いがないかも知れないというお話でした。
お金をかけなくても優雅に暮らすコツを聞くと、私まで贅沢な気分になります。

今日到着したお品の写真を早速送っていただいたMさんのアイデアを、ご覧ください。
「フォトスタンドには、ずっと飾りたいと思っていた貴婦人のレースを入れました。
これが、ぴったりでびっくりした程です。
以前にいただいたフレームにもモノグラムを入れてみました。」

007_2

丸いフレームには確か人物画が入っていたような気がします。
フォトスタンドは写真を飾るだけのものではありません。
自分らしく、使えるもの、使えないもの。必要なもの、そうでないもの。
じっくり考えてみると、昔からあるものの価値が見えてきます。

 antique shop 8trees

2009/02/03

恵方巻き

今回もたくさんのご注文ありがとうございます。
複数のお品にご注文が重なり、ご希望に添えなかったお客さま、申し訳ありませんでした。
まだ、手元には出番を待っているステキなお品がたくさんあります。
次回の更新でも目が点になるお品をご紹介しますので、
またのご縁を楽しみにお待ちくださるようにお願いします。

更新の人気者はクマのプーさんのデッサン画でした。
お問い合わせはこの額ばかりで、何回も詳細コメントの記述を追加した次第です。^^ゞ

9時ジャストに皆さん、ご注文メールを送信していただいているのですが、
その時刻にメールが集中するため、サーバーの微妙な働きによって
パソコンへの受信の順番が決まってくるようです。
私はあまり頭が固くないので、その辺はお任せくださいませ。

今日は節分、恵方巻き(巻き寿司、太巻き)を作るだけの元気はなく、
出来合いの恵方巻きを買ってきて、今年の方角とされる東北東に向って丸かじり。
何をお願いしたのかはないしょ!

013_3   

1月に購入頂いたガーデン用のりすちゃん、愛犬リエルが見学にやってきたそうです。
リエルくんお友達になってあげてね♪

お客様から送られてきたばかりの画像をみながら今日も一日ありがとう!

 antique shop 8trees

2009/02/01

更新しました

月が替わり、2月になりました。
ここしばらくは1年で一番寒い時期ですが、公園の梅の蕾がふくらみ始め、
そのほのかな香りに春の足音を感じます。
本日更新しました。

先週は一年に1回の胃のレントゲンや血液検査を受けました。
検査中はやはり少し不安なものです。
ここの病院では特別な項目以外は30分ほどで検査結果がわかり、
お蔭さまで、健康体でした。
この仕事は健康でなければ、とてもできません。
また一年は無事で買い付けに行けるかと思うと、ありがたく感謝しています。

インフルエンザが流行っているようです。病院の待合室はマスクをした人が多いです。
みなさんも人ごみのところにお出かけになる時はマスクをして、健康管理に心がけてくださいね。

商品についての質問などありましたら、何なりとお問い合わせください。
それでは、今回もよろしくお願いします。

 antique shop 8trees

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ