« movieの中の刺繍 | トップページ | ドールハウス »

2009/02/12

バルボティーヌ

バルボティーヌの陶器でしばしば目にするのは、果物柄シリーズです。
直径20センチほどのプレートで、昨年ご紹介しましたが、
好評で買えなかったお客さんもおられましたので、フランスでガンバッテ探して来ました。

前回は洋ナシやプラムでしたが、今回はイチゴやサクランボなどです。
バルボティーヌは色が果物に合わせてそれぞれ違っていて、お皿のふちの色も、
緑色や黄色など微妙に変化しています。
2枚のイチゴのお皿をみて、そんなところも観察していただければと思っています。

        Blog090212

バルボティーヌの歴史は16世紀にまでさかのぼる古いもので、当時の実力者であった
マリー・ド・メディシスが気に入って、ルーブル宮の近くで焼かせたそうです。
有名な陶工はベルナール・パリッシーでした。
サン・ジェルマン・デ・プレのあたりを歩いていると、
彼の名前のついた小さな通りがあるそうですので、今度パリに行く時は、
ぜひこの通りを散歩したいものです。

  antique shop 8trees     

« movieの中の刺繍 | トップページ | ドールハウス »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ