« fairy(妖精) | トップページ | Mの花文字 »

2009/04/25

2つのバッグ

5月の第2日曜日は、母の日。

起源はアメリカで、お母さんを敬い、その愛情に感謝する日。
母性愛の象徴でもあるカーネーションの花を送るのが慣わしとなりましたが、
手紙でもいいですし、気持ちを込めたものを贈ってあげましょう。

私は毎年、遠く離れて住んでいる、90歳に近い母親に、
ささやかですがプレゼントを贈っています。
昨年はすべらない靴下とポリと綿混のブラウスをおくりました。
歳をとると転びやすく、寝たきりにもなりかねません。
また、ポリエステルの方が伸縮性があり、着やすく、おまけに前ボタン。
1個1個、はずしたり、留めたりと手先の運動にもなります。
高いものではありませんが、「いいのに、いいのに」と言いながら喜んでいます。

そんなつながりが毎年続き、今年も贈れる幸せに感謝しています。

次回の更新では、2個の手提げバッグをご紹介します。
シックな色合いのビーズバッグと繊細な刺繍のプチ・ポワンバッグ。
おまけに、このバック表裏の柄が違いどちらでも使えます。

アンティークだから、プレゼントするのもったいないわ (*´σー`)
そんな方は日頃の自分へのご褒美にしてくださいね。

 
Img_6152Img_6153 

Img_6006Img_6010


          antique shop 8trees  

« fairy(妖精) | トップページ | Mの花文字 »

antique」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ