« 芽吹く | トップページ | 銀ブラ »

2009/04/16

淳一の世界

戦後、美しい生き方を提案した中原淳一(1913~1983)が今、クローズアップされている。
雑誌「それいゆ」(1946年)「ひまわり」(1947年)を創刊、監修。
表紙を飾る少女の大きな瞳が印象的、その顔も時代と共に変化してゆく。

私が小学生の時、同じクラスに足が不自由な女の子がいて、
この子がとても絵が上手で、少女漫画の主人公をよく紙に書いていた。
その絵が欲しくて、クラスの女の子はみんな順番待ちで、手に入れていた。
自分も書いてもらった紙を見て、一生懸命模写しょうとしたが、やっぱり彼女の真似はできなかった。

スタイリストでもあった淳一が言っていた言葉の中に
こんな一節があります。

《毎年、スカートが長くなったり、短くなったり、そんなものを身につける新鮮さもうれしいものです。
しかし、ちょっとした興味本位な思いつきや、
無責任に作り上げられた風潮がとかく幅を利かす世の中にあって、
「そんなの古い」と簡単に片付けてしまえないものもたくさんあるはずです。

いつまでも古くならないもの。
それこそが“もっとも新しい”ものだとはいえないでしょうか。
人生はスカートの長さではないのです。》

レトロな古着を上手に着こなしている人を見ると、カッコいい、進歩的ねと
感じることがあります。
人と比べたり、流行を追って真似をしていているだけでは、自分らしさがだんだん失われていくような気がします。

 antique shop 8trees 

« 芽吹く | トップページ | 銀ブラ »

antique」カテゴリの記事

my life」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ