« 作品展 | トップページ | 出発間近です »

2009/05/28

カレーパン

もうすぐ、またパン食の生活が続くことになります。
私はパンが大好きなので、どうってことはありません。

パリに行って思うことは、星の数ほどパン屋さんがあるのに、どこで買っても
おいしい。
焼きたての香ばしいバケットの入った袋を抱えて、小走りに歩く人の姿をよく見かけます。
バケットはチーズと野菜やハムを挟むだけで、ワインにもよく合います。

バケットも好きですが、差し歯が取れたにがい経験があるので、大き目のクロワッサンを
好んでいます。
前回、パリのホテルの朝食では、自家製の焼きたてのクロワッサンが次から次へと出てきて、何個もいただきました。

日本でもフランス並みにおいしいパンが増えましたね。
家の近くには、人気のパン屋さん Lion D’or(リオンドール)があります。
中でもカレーパンはお昼時となると、行列ができてすぐに売りきれてしまいます。
ここのカレーパンは、フランスでもちょっとない味と、感触です。
油っこくなくて、サクサクして、具がたっぷり、このボリームで150円はお安いと思います。

    Img_6684_2

スージーのプレートで食べれば、一層おいしいランチになります。
あなたの町にもきっとあります。おいしいパン屋さん!

  antique shop 8trees 

« 作品展 | トップページ | 出発間近です »

my life」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ