« 飲酒運転 | トップページ | 高齢者パワー »

2009/06/25

カンタベリーへ

梅雨の中、お天気マークがついている地域が多いのに、どうも東京はすっきりしない天候が続いています。
6周年セールも終わりに近づいてきました。
お買い物の見落としがないように再度チェックしてくださいね。

これから、少しづつ南イングランドの旅について、おはなしして行きたいと思います。

ロンドンではヴィクトリア駅の近くのホテルに泊まっていましたが、この日(日曜日)はたまたま鉄道工事のため、ヴィクトリアからCanterbury(カンタベリー)への直通列車がなかったので、ヴィクトリア・コーチ・ステーションで長距離バス(コーチ)に乗ってカンタベリーへ行くことにしました。
コーチは鉄道よりも少し時間はかかりますが、料金は半額ほどと手頃で、トイレも完備されていて、目的地まで乗り換えなしで座ったままいけるので安心です。
ロンドンからは他の観光地へのバスもたくさん運行されています。ただ、定員制ですので、前もって窓口で切符を買う必要があります。この窓口が時間帯によっては結構混んでいますので、余裕を持ってステーションにお出かけ下さい。

 P1010237

 P1010243

車窓からの美しい風景を眺めながら約1時間50分、カンタベリーに到着です。

 P1010245

ホテルの近くの路地から英国国教会の総本山、カンタベリー大聖堂が見えます。
荘厳な大聖堂に感激。
1498年に完成した大聖堂と‘GAP’の看板は、ちょっと不釣合いな感じでしたけれど・・。

 antique shop 8trees 

« 飲酒運転 | トップページ | 高齢者パワー »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ