« カンタベリーの中華料理 | トップページ | 買い付けは楽しいけれど・・・ »

2009/07/12

オールド・ウィーヴァーズ・ハウス

発送業務も滞りなく終わり、また次はどんなお品をご紹介しょうかなんて、早くも思っています。

関西出身の夫と私は、お盆は8月15日で、お中元などは、ほんの一昔までは、お盆までに送ればいいなんて思っていましたが、最近は随分早くなりました。
我が家も親戚などに7月始めに予約して、昨日あたりに届いたようです。

お中元は、送ったり送られたりの夏のご挨拶のようなもので、送られた方も何となく
気忙しいもので、関西の風習どおりにはいかないようです。
物々交換のようなものでも、このような機会に日頃ご無沙汰している人たちとの電話のやりとりでお互いの近況がわかるという、いい面があります。

そろそろカンタベリーの町ともお別れとなります。
町はチューダー調の建物が多く残っています。
中でも、1500年に建てられた古い建物を利用したレストラン“Old Weavers' House”は町の中心部のストゥアー川沿いにあり、とても美しい風景です。

  P1010305

             antique shop 8trees

« カンタベリーの中華料理 | トップページ | 買い付けは楽しいけれど・・・ »

season」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ