« ご注文のお礼 | トップページ | 長~い一日 »

2009/07/29

ライのTea Room

大聖堂の街・カンタベリーからは、電車を乗り継いで、中世の面影がのこる海辺の街・ライへ向いました。
石畳の坂道が続くこの街にはアンティークショップがたくさんあります。
私は今回で三度目の訪問です。

こぢんまりした町ですので、三度目ともなると、町の位置や様子がよくわかり、奥まった小道を入ってちょっと冒険したくなります。
ティーポット型の看板がかかった「The Cobbles Tea Room」はライでは有名なお店で、いつも混んでいます。
私はここで遅い昼食をいただきました。間口は小さいですが、入ってすぐの部屋は思っていたよりも広く、お客さんでいっぱいでした。奥まった部屋は小さめで、裏庭の景色も見えて、何となく落ち着ける場所です。

 P1010319_2  

出てきたティーセットはウイローパターンの東洋的な柄です。今まで余り気を留めなかったC&S。日本製のウイローパターンもありますが、こちらはMade in England
そのコバルト色の上品さに一目ぼれ。
店を出た後、ライに来れば必ず立ち寄るポタリー専門店でウイローのC&Sを思いがけず見つけ、状態のいいのを2客買い付けました。

 P1010317

ロンドンへ帰った後の最後のフェアでもシュガーポットなどを買う事ができ、今回はウイローにご縁があったようです。
そのお品も、明日搬入する大きな荷物の中に入っています。
開梱には数日かかりますが、ご紹介する日を楽しみにお待ちください。

 antique shop 8trees 

« ご注文のお礼 | トップページ | 長~い一日 »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ