« アンティークのコットンウェア | トップページ | 東京のブロカント »

2009/07/17

my today

骨董ジャンボリー・アーリーバイヤーデーに、友人と一緒に行ってきました。
日本では最大級のアンティークフェアですから、私も勉強のためにいつも足を運んでいます。
友人はお店の什器や古い缶をよく買いますが、私は海外に買い付けに行っているので、欲しいものが余りありません。それでも見ているだけで、とても勉強になります。

最近の売れ筋や価格、出店者とのよもやま話など、いろいろと参考にしたいと思って出かけますが、年々西洋アンティークの出店が少なくなり、少し寂しい気持ちです。
お店のオーナーさんは、口々に「買付けに行っても、いいものは少ないし、価格は高いし、買い付け費用まで捻出できないわ!」と嘆いておられます。それでも皆さんアンティークが本当に好きだからこそ、厳しい状況でも頑張るれるのだとおもいます。

帰路、新宿で友人と別れ、私は山手線で高田馬場まで乗車するのですが、
フェアの後はアンティークのことで、頭をめぐらすことが多く、気がつけば下車駅を通り過ぎ、次の駅の目白で気づくことが時々あります。
新宿→新大久保→高田馬場→目白→池袋となるのですが、目白で必ず気づくのは、私が、この仕事を始めるまで目白の某銀行に勤めていたからなのです。
もう何年も経っているのに習慣というのは恐ろしいものですね!

東京では規模は様々でも、定期的に開催されているフェアがたくさんありますが、
アンティークを身近に見て買えない地域の方も大勢いらっしゃいます。
そんなアンティーク好きの方のためにも、お手伝いができるネットショップ、
もう若くはない私には向いているのかも知れません。

さて、更新の作業ガンバリますね! お楽しみに!!!

 antique shop 8trees

« アンティークのコットンウェア | トップページ | 東京のブロカント »

antique」カテゴリの記事

my life」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ