« 実家の風景 | トップページ | 一票のおもさ »

2009/08/28

縁起をかつぐ

8月は不定期の更新でしたが、たくさんの方にご覧いただき、またお買い物をして頂いてありがとうございます。
朝夕はすっかり涼しくなり、秋の気配が感じられるようになりましたが、日中はまだ残暑が厳しい日もあります。過ぎ行く夏を惜しみながらも、さわやかな季節の到来が待ちどおしいです。

当店は「8trees」との数字がついていることもあり、更新日や価格設定にもにこだわることがあります。
先日、あるお客様のご注文の見積りをご連絡したところ、合計金額が49,900円になり、私は5万にならなくてよかったと思ったのですが、
「今回のいただきました合計金額の数字が一番嫌いな数字ですので、
次回、もう一度いただきましてから、良い数字の時に払い込みます。
八木さんのは、勿論好きですが、49は、どうもイヤなのです。」とのメールを頂きました。

ああ・・なるほど・・なるほど。。。
6月の買い付けで、ロンドンのピムリコにあるDaylesford(ディレスフォード)に寄った時、お店の棚に、数字が書かれたホウロウのボウルがあり、とても気に入ったのですが、在庫商品の数字は“4”ばかり ・・・。日本では4の数字は忌み嫌うと店員さんに話すと、けげんな顔をして首をかしげていた。もちろん買うのはやめました。

       Img_7985

”の数字のパーツやハウスプレートをみつけると、縁起をかつぎすぐ買ってしまいます。

 antique shop 8trees    

« 実家の風景 | トップページ | 一票のおもさ »

my life」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ