« ウィローパターン | トップページ | 更新 »

2009/09/03

燭台

一雨ごとに涼しくなり、今日は長袖が必要な気温でした。
残暑も長くは続かず、足早に秋が訪れてきたような気がします。

昨年の10月にイギリスやフランスで買い付けて来たキャンドルホルダーや燭台、まだご紹介しないまま季節を持ち越しているものもあります。
また、この6月には木やガラス、ブラス素材のものなども、見つけて来ました。
キャンドルが似合う季節になって来ましたので、これから少しずつご紹介していきます。

100年以上前の古い燭台です。

       Img_8253

電気がなかった頃、大きな食卓のテーブルの真ん中に置かれていた燭台です。
これに合う大きなキャンドルもアンティークフェアで見つけたのでお付けします。
燭台もビックですが、キャンドルもジャンボです。

       Img_8129

こちらは、SCONCEと呼ばれる壁などに取り付ける張り出し燭台です。
領主の大きな館で、灯り取りのため、各部屋や通路に取り付けられていたものです。
そうそう。。。これと同じような燭台がスコットランドのグラスゴーの領主の館にもありました。
「蛍の光」で本を読んだ人もいるくらいですから、ロウソクは私達が想像もできないくらい明るい炎であったに違いありません。
日本も、ほんの少し前まで、停電の時、ロウソクを使っていたんですもの。

 antique shop 8trees

« ウィローパターン | トップページ | 更新 »

antique」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ