« ヴィクトリア様式のソファ | トップページ | Sweet antiques »

2009/09/21

着物

週末から、毎日出かけていますので、更新の作業もストップしたままになっています。
連休明けは無理としても、月末までには更新できるようにガンバリます。

昨日は都心で用事を済ませた後、孫娘 のところに行って来ました。
連休二日目ということもあって、特に東京駅は大きな荷物を持った人たちで混み合い、まるでゴールデンウィークのような状態です。

高田馬場駅までの車中で、着物を着た若い女性に出会いました。
前の席は優先席、それとも着物の型くずれを気にしてか、女性はずっと立っていました。
可愛い小紋模様に鼓(つづみ)の帯、女性らしい装いに日本の美を感じます。

        Dvc00002_3

日本人はますます着物を着なくなりました。
私もその一人で、嫁入り道具として持たせてくれた四季折々の着物、箪笥のこやしになっています。
父の兄が京都で呉服屋を営んでいたものですから、人一倍着物を作ってもらいましたが、今思えば、自動車一台をもらった方がどれだけよかったか・・と悔いています。
ただ、見栄や世間体を気にする時代でしたからネ・・。

我が家ではこの和服ダンスをめぐって、処分するか否かで、もう何年も悩んでいます。着物は袖を通していないものが多く、ドレスにリォームすればいいものもあります。
「着物買います」に持って行けば簡単なことでしょうけど、もっといい方法はないものでしょうか。

 antique shop 8trees

« ヴィクトリア様式のソファ | トップページ | Sweet antiques »

my life」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ