« 英国生け垣物語 | トップページ | プレゼントはなぁ~に! »

2009/10/20

十人十色

日が暮れるのがすっかり早くなり、午後5時過ぎになると、あたりは暗くなって来ます。
私は早寝、早起きが苦手なタイプですので、一日がとても短く感じます。
早く休もうと思っているのですが、やっぱり12時過ぎになってしまいます。朝は6時頃から眠りが浅くなり、ここで起きればいいのですが、うつらうつらと、また寝てしまいます。
そして、8時前の通勤者の靴音で目が覚めます。
コツコツと、たぶん女性のハイヒールの音だと思います。聞こえない日は8時の公園のアナウンスが目覚まし時計の代わりです。

靴音で起きあがるのは、何だか働いている人に悪いような気がするためです。
この仕事を始める前まで、私も8時過ぎの電車に乗って都内に通勤していました。
そんなことを思うと、この歳になってもだらしないような気がします。

以前、新聞のコラム欄で、青年が「ぼくは夜型で、起きるのは昼過ぎになります。こんなぼくですが、生きてゆけますか。」と聞いていました。
回答者は「人それぞれ細胞や体の組織が違うのだから、自分に合う仕事を探し、自分らしく過ごせばいい。何の心配もいらないよ!」と答えていた。

脳科学者の茂木健一郎さんもいつかテレビで、「ぼくは夜中の3時頃、不意に頭がさえてきたら、起きて仕事をする。静かですごくいい仕事ができるんだ。」なんて。。。

だから、私は思うのです。
何が良い、悪いとは言えなくて、あくまで、自分の体に合う過ごし方をすればいいのだと
最近目覚めたわけです。
人間の引出しはいくつもあるってこと。

      Img_9204_2

少しずつ次の準備をはじめています。
写真の白いディスプレイラックもその一つです。
10月の最終週に更新予定です。
また、“オヤッ”と思える素敵なお品ご紹介します。
楽しみにお待ちくださいませ。

 antique shop 8trees

 

« 英国生け垣物語 | トップページ | プレゼントはなぁ~に! »

my life」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ