« お客様のクリスマス | トップページ | アイリッシュドレスデン »

2009/11/09

冬の買い付け

11月末からアンティークの買付けに出かけますが、冬の買い付けは、かなり厳しいものがあります。
過去に12月、1月、2月の寒い時期の買い付けを経験していて、暖冬の年もありましたが、寒風と雪が舞う年もありました。苦労の多かった経験だけは、後々までも覚えていて、冬の買い付けは躊躇します。
でも、店の在庫事情として、4月に行くと、次は10月、6月だと次は12月と、だいたい半年サイクルで出かけることになります。
夏の買い付けは、午後の9時半ごろまで明るく、買付けも余裕がありますが、冬は夕方5時になると、真っ暗です。
一方、日の出は8時ごろと遅く、買い付けは時間との戦いになります。
昼食はスタンドのコーヒーを片手に、歩きながらハンバーガーを食べることがしょっちゅうです。こんな時は恥も外聞もありません。
指先がない手袋をはいて物を選別するものですから、冷たくかじかんだ指先の感覚がなくなります。
好きな仕事だからこそ我慢もできますが、「何故、わたしはここにいるの!」
遠く離れた日本が恋しくなります。

 Pict0001

シベリア上空です。こんな景色が延々と続きます。

 Pict0028

日没です。夕方5時には真っ暗になります。

毎年変わる海外のフェアの情報を確認しながら、
更新の準備をしております。
今月は一回のまとめての更新ですので、UP商品も少し多めです。
来週中には更新できる予定です。
よろしくお願いします。

 antique shop 8trees

« お客様のクリスマス | トップページ | アイリッシュドレスデン »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ