« 窓に見る英国 | トップページ | マナーハウスとアンティーク »

2009/12/29

レストラン「One O One」

年の瀬も押しせまり、皆さまも、何かとお忙しいと思います。
私は、、このところショップの動きもなく、日頃、見る機会がなかった録画ビデオをみたりと、ゆったりとした時間を過ごしています。

今回の買い付け日記も、もう一回で終わりです。
ロンドンでの最後の夜に食事したイタリアン・レストラン「One O One 」をご紹介します。
このレストランはナイツブリッジのシュラトン・パーク・タワーの一階にあります。
円筒型の18階建ての建物がユニークな高級ホテルで、近くにはイギリスを代表する高級老舗デパート、ハロッズがあります。先日のブログで掲載しましたナイツブリッジの最高級ホテル、マンダリン・オリエンタル・ハイド・パークは目の前にあります。

普段なら、行けそうもないこのレストラン、実はクリスマスシーズンは50%オフとなります。ロンドン在住の友人が事前に調べてくれていて、いいチャンスにあやかった訳です。
予約していた夕方6時半にお店に行ったのですが、その時はお客も少なかったのに、あれよあれよという間に、客席は一杯になりました。
東洋人も多く、日本人らしい方もいました。

「One O One 」はシンプルな高級感があるお店ですが、味はなかなかのもので、イタリアンと言っても、お肉や魚をメインに野菜の食材を生かした創作料理が日本人の舌に合います。見た目も綺麗で、少量ずつ出てきますが、満足感はあります。

 P1010649

最初に出てきたのは‘カプチーノ’と言うスープ!
なるほど、泡だったところがカプチーノにそっくり。
中身は白いまろやかなスープです。何でもそれらしく名前を付けるのがイタリア式です。

 P1010647_sp0000

聞けば、12月は他のお店もクリスマスシーズンだけの限定割引をしている所が多いとのことです。旅の予定をたてるときに、こんなところも調べておくと、お得な時間が過ごせるのではないかと思います。

 antique shop 8trees     

« 窓に見る英国 | トップページ | マナーハウスとアンティーク »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ