« 海外の裏話 | トップページ | 新着商品UP »

2010/01/28

ゆらぎ

買い付け品の開梱もようやく終わりました。ディスプレイ用のキャビネット6個には入りきれず、ダンボール7個分に、とりあえずリストを貼り、アイテム別に保管することにしました。
どのお品も自信を持ってご紹介できるお品です。
この先、このお品を全部UPするのは、数ヶ月かかると思いますが、頑張って順次UPして行きますのでよろしくお願いします。

さて、更新の作業ですが、ようやく終盤にきております。予定通り週明け前にUPの予定です。

最近‘ゆらぎ’と言う言葉をよく耳にします。
昨年、急死したあのマイケル・ジャクソンの映画、昨日販売されたDVD THIS IS ITなど評判をよんでいます。
彼の音楽スタイルは整形を重ねた顔とあの機械仕掛けのようなムーンウォークだけではなかったのですね。
音楽のテンポが速くて、団塊世代にはついていけないものがありました。
詩の意味も彼の幅広い音色とゆらぎも感じとれないまま、偏見的な見方をしていました。
10万人以上の音声の分析をしている専門家は、彼は7つの音色を持ち、そしてゆらぎを感じさせるトーンがあると分析しています。
‘ゆらぎ'は鐘の音の響きや風鈴の音に感じるそうです。

アンティークも同じで、ゆらぎを感じるものでなければ、誰の心にも響かないということです。
ジャンルを問わず良いものはいつまでも、永遠に残るものであって欲しいです。

Img_0350Img_0332Img_0376
Img_0556Img_0528018   

さて、‘ゆらぎ’を感じるお品はあるでしょうか (*゚ー゚*)

 antique shop 8trees                                     
 

« 海外の裏話 | トップページ | 新着商品UP »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ