« セール初日 | トップページ | 二十歳のころ »

2010/01/08

梱包と箱

三日間、梱包作業で家の中に缶詰状態で外出してませんでしたが、夕方、宅急便の集荷の後、暗がりの中、スーパーに夕飯の買い物に行きました。
外の空気がこんなに新鮮なんて、日頃、当たり前のことが、不思議に感じる。

今日は荷物の集荷に2回来てもらい、20個ほどのお品を発送しました。
発送のピークも過ぎ、明日を乗り切れば、落ち着きます。

お客様から、
「今回のセール、凄く安くて、沢山品物もあって、皆さんが、沢山買われるのが良くわかります。」なんて、言ってもらえました。
セールも少しのプライスダウンでは、ご注文いただけないのではと考え、思い切りました。
在庫品が減り、また買い付けにも行けますし、何より、Webショップにお越しのお客様に喜んでいただけるのが一番うれしいです。

梱包作業をしている時、いつも思うのですが、お客様に夢を運ぶ仕事なので、せめて箱ぐらい新品をと、思っていますが、ダンボール代もばかになりません。
中身がプレゼント用や、いかにもと思うお品は業務用に購入した箱を使っていますが、その他は経費節約のため、近所のスーパーの箱をリサイクルして使っています。
なるべく無駄なものには経費をかけない分、梱包は丁寧に気持ちを込めてしております。

箱で思い出しましたが、年始にいただいた浅草の老舗のかりんとうの箱
の包み紙。
なんとも粋な和紙の柄と日本の美!
日本に生まれてよかったと思える瞬間です。

 Img_0291_2


買い付けで海外によく行く私ですが、最初は異文化の違いの憧れ的な気持ちがありました。でも何度か足を運ぶうちに、日本人は勤勉で、日本の伝統的な文化がとてもすばらしいと思うようになりました。
いつか、海の向こうで感じた日本のことをお話できたらと思います。

  antique shop 8trees                                    

« セール初日 | トップページ | 二十歳のころ »

my life」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ