« 東京って! | トップページ | 荷物の到着 »

2010/01/16

フレンチなお散歩

フランス人が集まる石畳の街、神楽坂のちょっと気になるスポットをご紹介します。
神楽坂は名前のとおりアップダウンの多い坂道がパリのモンマルトルに似ています。
メイン通りの商店街の両脇には横丁と名づけられた小道がいくつもあります。
そのわかりにくい路地を入ったところに、おしゃれなフレンチレストランが軒を連ねています。
また、周辺には日仏学院やフランス語学校もあります。

 Dvc00005

フランスの街でよくみる標識のような看板はフランスの家庭料理や伝統料理のレストラン「メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ」のもの。
下はチーズバー「ラ・キャバヌ」の標識。ここは、フランス?と錯覚しそうです。

Dvc00007_3Dvc00009_2

本多横丁とかくれんぼう横丁を交差したあたりに、シフォンケーキが人気のお店、
salon de the' Un Gateau(サロン・ド・テ・アン・ガトー)があります。
厳選した素材のみを使ったこだわりのシフォンケーキは日替わりで4種類ほどあり、季節限定もあり、テイクアウトもできます。
「神楽坂」の焼印入りのプレーンなケーキを買って帰りましたが、とても上品な味でした。

「牛込神楽坂駅」の大久保通りの近くにある黄色い洋風建築のフレンチの名店「ラ・トゥーエル」の店先に掲げているフランス国旗。
神楽坂を歩くと、いかにもフランスらしい目印が、たくさん目につきます。

 Dvc00011

このお店の横の路地を入ると、ジェラード&チョコレート専門店「テオプロマ」の入り口の横に設置されたひつじの紙くずいれのダストボックスがあります。
石でつくられた高さ約130センチの高さでかみくづ函の文字がとてもユニークです。
明治時代に作られたものらしく、古い町並と新しい建物が共存する神楽坂。
こんなところにもフランス的風景が感じられます。

 antique shop 8trees                                     

« 東京って! | トップページ | 荷物の到着 »

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ