« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010/02/28

更新しました

明日から弥生(やよい)3月、寒暖の差が大きい日々ですが、少しずつ春に向かい、
木々も草花も、芽吹き始めています。

本日新商品更新しました。
レースや布、ボタンなどもリーズナブルな価格でご紹介しました。
そろそろ、入園、入学式の準備をされている方もおられると思います。
お母様の愛情を込めた手作りの小物を、そろえてあげてください。

バンクーバー冬季オリンピックも閉会式を迎えます。
多くの日本代表選手が自己ベストを更新して頑張りました。
華やかなフィギュアスケートの演技、ハラハラ、ドキドキで見ました。
真央ちゃんも演技直後は悔し涙を流していましたが、翌日には「4年後のオリンピックに出たい」とあどけなさの残る顔で、さわやかに話していたのが印象的でした。

氷の上のボウリングと思っていたカーリングもやっと、少しは競技内容がわかりかけました。なんと銀メダルを獲得した追い抜き競技の「パシュート」、こういう種目があるなんて、初めて知りました。
マスコミにも注目されず、見えないところで、がんばって練習していたのですね。

バンクーバーは、アンティークショップが多い美しい街と聞いています。
機会があれば一度行ってみたいです。

それでは、ごゆっくりとご覧になってください。

  antique shop 8trees

2010/02/27

オリンピックの舞台で!

フィギュアスケートの熱戦が繰り広げられていた時、ちょうど車の運転中で、ラジオの「キムヨナ・・・パーフェクト」の解説に、思わずラジオを切りました。
帰宅後、録画のビデオを何回も見ました。


  Photo


キムヨナ選手の演技を見てから、直後の競技はさぞかしプレッシャーがかかったことでしょう!
オリンピックという大舞台、わずか4分間の演技で4年間の力が試されるのですから、酷といえば酷ですが、それはすべての選手にいえることであって、悔しいけれどキムヨナ選手の方が一枚上だったのでしょう。

銀でも立派なことです。
金と銀との点数の差に、これからの課題がのこると思います。
真央ちゃんの涙はきっと金でなかったことよりも、納得の行く演技ができなかったことへの悔し涙だったと思います。

頂点を極めた者にとっては、目標がないのですから、真央ちゃんには更なる4年後の躍進があり、私たちにも楽しみと希望を残してくれたのです。お疲れさまでした。

  
  Img_1085_3
それにしても、真央ちゃんは、いくつになってもあどけなさを留めていて、赤がよく似合う女性ですね♪
私は、次回更新のベークライトのネールセットのコメントを書きながら、真央ちゃんと重ねあわせています。
鏡は氷のスケートリング、そこに映っている赤いコスチューム。
ちょっぴり、センチメンタルになっています。
  
  
  

2010/02/26

パリの追憶

この仕事を始める前は、一年に4回ほどパリを中心に毎年フランスに行っていました。
その当時は、パリには良質なアンティークが沢山あり、お金さえあればいいものが買える時代でした。
そのうち、フレンチな花柄のホウロウや陶器のキャニスター、カフェオレボウルが一大ブームになり、イギリスに買い付けに行っていたバイヤーさんもフランスのアンティークに目を向けるようになりました。
人が押し寄せると物が品薄になったため、私は逆にイギリスに買い付けの拠点を移し、イギリスでは家具など大きいものの買い付けをして、フランスでは比較的小さめのアンティークを買い付けて来るようにしました。

 Pict0022

航空便やスーツケースで気軽に持ち帰れるリネンやレースやリボンレースなどは、欲しいものがいっぱいありました。


 Pict0053

一見ガラクタと思われる物の中にも、お宝が埋もれていて、
今なら、お店にあるものを全部買ってしまうかも知れません。

当時買い付けたお品のほとんどは、もう私の手元にはないのですが、パリのお店に再び足を運んでも、昔のようないいお品があるとは思えません。

買い付けてストックして置いたレースや布やボタン、次回の更新でも少しご紹介します。

今しばらくお待ちくださいね♪

 antique shop 8trees  

 

2010/02/23

Mirror 〔鏡〕

インテリアのアクセントとして取り入れたいものに鏡があります。
女性らしい繊細なモチーフが特徴のバーボラミラーもそのひとつです。

今回は大きなウォール用のバーボラミラーを見つけてきました。
バーボラーミラーは比較的お手頃なサイズやお値段のものが主流ですので、
大きな鏡は数回の買い付けで1個あるかないかの希少なお品です。

反射鏡を用いた鏡は14世紀にベニスで生まれたとされていますが、私たちが扱うのは19世紀に入ってからのものです。

今回ご紹介のウォール バーボラミラーは1800年後期~1900年にかけて作られたお品で、100年の歳月を経て来ています。

粘土の花に着色した細工は色あせていますが、その色合いが何とも言えず、
これがまさしくアンティークと呼べるものなのです。


 Img_1340_2
  Img_1341  

ミラーは反射や、鏡に物が写るので、商品撮影が難しいアイテムでもあります。
上手に撮影をしょうと試みるほど、うまく行きません。

その時の光線や、気持ちのゆとりがいい結果をもたらしてくれます。
何枚もシャッターを押す瞬間にできる芸術なのです。
この2枚の写真のアングルがとても気に入っています。

 antique shop 8trees   

 

2010/02/21

銀座の老舗

銀座に出かけました。
二時間ほど、国際フォーラムの大江戸骨董市も見てまわりましたが、思っていたより寒く、手がかじかんできて、体も冷え切ってしまいました。
出店者の方はもっと寒かったと思います。

私のアンティーク業は海外の買い付けや、ネットショップの販売だけではありません。
多くのお品を見て、目を肥やすことも大切ですし、また業者の方のお話を聞く事も勉強になります。
和骨董も西洋骨董も、形や色の質感は違いますが「美しい」と思えるこころは同じです。

昼食後、銀座千疋屋(創業1894年)のフルーツサンドをテイクアウト。
甘すぎずさっぱりいただける新鮮なフルーツが程よい生クリームにはさまって、ひと口サイズにきれいに入っています。
ブルー地にバラの箱が、お洒落で、Good なのです。


  Img_1395_4
  Img_1397_2

フルーツサンドが出来あがるまでの待ち時間10分の間に、通りの向こう側にある銀座和光でドラジュを買いました。
ドラジュはチョコレートに砂糖を幾重にも硬くコーティングして作られる、フランスの伝統的なお菓子です。ヨーロッパでは宗教上のお祝いのお菓子の1つとして伝わっています。
こちらの砂糖菓子も原産国はフランスです。


  Img_1401 

銀座界隈には、老舗と言われるお店が何軒もあります。
老舗だからといって、そんなに高いお値段ではありません。

そのお店の定番商品は、やはりそれだけで満足できるものです。

 antique shop 8trees   

2010/02/20

フローラル カーテン

やっと日差しが戻り、あたたかな日和となりました。
次回の商品の写真撮りを少しずつ始めました。

古い布や、カーテン、レース、ボタン、リボンレースなど、買い付けに行くたびに、気に入ったものを少しずつ買って来ていますが、ついつい布物の更新が後回しになり、たくさん溜まってきて、ガラスのワードローブに入りきらないほどになっています。
お客様の中には、ファブリックが好きな方や手作りが好きな方も、おられます。
これから順次ご紹介して行きますので楽しみにしていてくださいね。


  Img_1295 
  Img_1292


窓をあけると、春の風を感じる季節を迎えます。
フローラルの香りのような、やさしいカーテンでお部屋の模様替えをしましょう。
長い時を経てきた布のもつ心地よさが、しっくりとお部屋に合うこともあります。
そんなアンティークと向き合う素敵な暮らしもいいものです。

 antique shop 8trees  
 

2010/02/18

Rosebud ミニドール

昨夜からの雪が5cmほど積もっています。
ことしは東京は、よく雪が降ります。
寒さも今がピークかと思っていますが、春が待ち遠しいです。

昨年暮れのイギリスのフェアで、思いがけない出会いで、
1950年のローズバッド(Rosebud)社のミニドールを買い付けることができました。

布とソーイングとアンティークのお店を開いている友人が、
‘荷物が届いて開梱したら、お人形みせてね!’と言われていたので、
ドール用のバスケットに入れて、お店に持って行きました。

彼女は一体の黒子ちゃんを気に入って、○○円で譲ってあげたら、

        そんなお値段でいいの?
        アンティークのお人形は小さいほど、高いわよ。
        安くしてくれて嬉しいわ!

  Img_0675
  Img_0674

  
私はドールのことが、よくわからなくて、見る目がないのかも知れません。
かわいくて、癒される、ただそれだけで、買って来ています。
ネットショップでも、○○円でご紹介しょうと思っています。

ハードプラスチック製の小さなイングリッシュドール。
寝かせると目を閉じる可愛いお人形です。

 antique shop 8trees  

2010/02/16

白い玉のボタン

このところ、白い雪がチラつく日が多いです。
どんよりとした冬空では、気持ちも、お財布の中も冷え切ってしまいます。
そんな中、ご注文いただいたお客さま、ありがとうございます。
せっかくご注文いただいたのに、ご注文が重なりお断りしたお客さま、申し訳ありませんでした。どうぞ、またの機会をお待ちくださいませ。

春が近づけば、ハンドメイドでチクチクと、縫い物をしたくもなります。
ポーチのループにつけた可愛いボタンや、ブラウスの袖口の小さなボタンが、
とてもHappyに思えます。

ロンドンの街の活気が一段と賑わう週末のマーケット、ポートベロー。
通りの両側の軒先にストールが立ち、
派手な中年のおばちゃんが、いろんなアンティークを広げて売っていた。
白い、ボンボンの玉のような物を見つけた。
聞いてみると、古い時代のアンティークボタンだそうです。
白い繭のようなレース編みのボタン

 Img_1027_2

中には汚れがあるもの、サビがついているものも混じっています。
1つ1つ状態の良い物を選別するのは大変ですが、時間の長さを感じないココチよさでも
あります。
今度はどんなものに出会えるかしら。。。

 antique shop 8trees  
 

2010/02/14

更新しました

バンクーバー冬季オリンピックが幕を開けました。
日本の選手もメダルの期待を背負って頑張っています。
大きな声援を送ってあげましょう。

今日は聖バレンタインデー。恋人に、こっちを向いて欲しい彼に、お父さんに、
おじいちゃんにも、義理チョコでも、何でも・・・。もらう側はうれしいものです。
こんな機会に家族への交流を深めましょう。

本日、新商品更新しました。
希少なもの、カントリーライフを豊かにするアイテムなどをご紹介しました。
久々のお天気で、バレンタインデー、テレビでの競技観戦など、お忙しいと思いますが、
お時間がある時に、ご覧になってください。

  Photo

  antique shop 8trees  

2010/02/12

ヴィクトリアン ジュエリー

小雨がぱらつく中、渋谷のBUNKAMURA ザ・ミュージアムで開催されている
愛のヴィクトリアン ジュエリー展に行ってきました。

都心も小雪がチラつく寒い日でしたが、大勢の人が鑑賞していました。
往路の電車の中では、石澤季里さんの「フランスの骨董市を行く!」の本を読み、
アンティークへの心の高ぶりを感じながら、会場に入りました。

知人のジュエリーショップのオーナーさんが、先日、来場されて、
何度もガラスケースに額をぶつけてしまうほど、
見入ってしまわれた事がよくわかります。

私も音声ガイドで、耳から目からとしっかりと見てきました。
あまりの華麗さと優雅さに、ただ見とれるばかりです。
ジュエリーの展示数も多く、ヴィクトリア女王の衣装や愛用品をはじめ、
アンティークレース、テーブルセッティングもありました。

以前、レースやパラソル、扇子、ティーカップなど、
ヴィクトリア時代後期のお品をご紹介した事がありました。
もちろん、女王の愛用品ではありませんが、
その時代背景には大きな違いはありません。
女王の愛した高価なジュエリーは、多くの人々が ”見て” 楽しみ、
私が買い付けるジュエリーは ”身に着けて” 楽しんでいただく。
楽しみ方も色々あります。

買った展示図録を1ページ1ページ、愛しむようにめくりながら、
いまさらながらアンティークの魅力にはまって行くわたしです。

**

 1002_3

 1002_2

      シードパール ティアラ 19世紀初期 イギリス

 antique shop 8trees  

  

2010/02/11

チョコ チョコと。。。

朝からどんよりとした冬空、その内、冷たい雨も降り始め、今夜は雪に変わりそうです。
せっかくの祝日、これではバレンタインデーのチョコを買いにでかける気分にもなれませんが、若い人は気になる男性の為なら、たとえ雨、雪、吹雪の中、なんのそのでしょうね!

そんな乙女心はすっかり昔のことで忘れていましたが、今日は当店オリジナル一口チョコの詰め合わせをチョコチョコと作ってみました。
リボンテープには店のロゴネームが入っています。
お買い物していただいたお荷物の隙間にチョコッとお入れいたします。

                                   

 Photo

更新日のお問い合わせも頂いております。
ほぼ準備は完了に近いですが、バレンタインデーに合わせてUPする予定でいます。
いろいろとお勧めのお品もありますので、楽しみにお待ちくださいませ。

 
 antique shop 8trees  

2010/02/10

Flower

昨日は春めいた、暖かい陽気でした。
昼過ぎにでかけたら、うつらうつらと眠くなってきました。
花屋さんの店先にも、花がたくさん並ぶようになって来て、春が近いことを感じます。

次回の更新では、フラワーモチーフのお品もいくつかあります。
これは、さかのぼること約80年~100年前の花です。
同じ花でも種類や様子が少し違います。
花も品種改良されて、随分種類も多くなっています。
まぼろしの花を形として残しておきましょう。

 Img_0791
 Img_0805
 Img_0831
 

  antique shop 8trees

2010/02/09

料理はまごころ

冷蔵庫をのぞきながら、料理を考えて作るのが好きです。
奥の見えにくいところの食材やビン詰めは、背の高い夫が、期限が早めの順に前の方に出してくれています。ですから、賞味期限切れで捨てることは最近は殆どありません。

近くのお客さんからパスタをいただきました。
彼女は箱単位でパスタを買っていると言っていました。
このところ、冷凍食品のスパゲッティばかり食べていて、パスタ料理を作ったことがなく、ストックもありませんでした。

早速、冷蔵庫の食材を活かし作ってみました。
分量はいつも適当で、途中で味見して、薄ければ塩や醤油を足すといういい加減さが、また美味しさの秘訣です。

オリーブ油で、ひとかけらのニンニクのスライスを炒め、香りが出てきたら、ベーコンを適当な大きさに切り、少しカリカリになる前に火を止めて、6分間茹でたパスタを入れてからめる。
再び中火で、手早くからませ、ベビーリーフを一袋入れる。(緑色野菜で代用)
この時ベーコンから塩味が出るので、塩、コショウ、は適量に。
最後にアボガドが1個あったので、半分をパスタの中に、残りは飾り付け用にしました。

このまま食べるのが、ツウらしいのですが、お好みに合わせて冷蔵庫に眠っているドレッシングをかけてください。出来上がりはいかに。。。


 Img_0994

主人が「これはイケル」と褒めてくれました。
料理は真心であって、アンティークとおなじように同じ味はありません。
色合いも盛り付けるお皿も食感の内で、大切なことです。

  antique shop 8trees

2010/02/08

British style

2月6日に発売された「素敵なカントリー」春号のブリティッシュスタイルを作るマストアイテムに、我が家のスージークーパーのコーナーが小さく掲載されています。
今回の素敵カン~は春らしくステキな編集がされています。


 Img_0991_sp0000

最近は出版社からの自宅の撮影依頼も少ないですが、1回撮影に来られると、驚くほどたくさんの写真を撮って帰られます。本に掲載されるのはその内2ページ~4ページ程度なので、撮りためた写真は別の機会に、学研のアンティーク関連雑誌に掲載されることもしばしばあります。

リビングのキャビネットのこの風景、今も変わらず同じです。
心地よいコーナーは、いつまでもその場所で眺めていたいものです。

巻頭の海外特集では、私がロンドンのお店でお会いした“Cabbages&Roses”のデザイナ- クリスティーナ・ストラットさんのブリティッシュなライフスタイルが紹介されています。

クリスティーナさんとは、2004年9月の渡英時にお会いしました。
旅日記・2004・Septemberイギリスにて

彼女にいただいた古いファブリックの花柄の布切れ、今も大切にしまってあります。

 antique shop 8trees

2010/02/07

ベアチョコ

新潟では26年ぶりの大雪で、日常生活にも支障をきたしているようです。
昨夜も北海道のお客様から

  昨日から サッポロ 雪祭りが 始まっています・・・
  厳しい寒さの中 観光客の方々を中心に 大盛況の様子が ニュースなどで
  紹介されています。。
  近くにいて 「いつでも 行ける・・」と、、言う思いから 中々 足が 向かない私ですが、
  是非、北海道の自然を体感し、、10トントラック750台分の雪で作られた~大雪像を
  実際に見て頂きたいです。 
  作る方々の 苦労が 多少なりとも…分かって頂けると思います。
  是非一度起こしください。。。。

私もニュースでみました。吹雪と大雪で雪像の形がよくみえませんでした。
あの光景を見ると、とても寒そうで、暫くは零下の場所にはとても行けません。

今回、ご注文頂いた方全員にデディベアのチョコをお荷物の隙間に入れておきました。
季節がらの思いつきといえ、思いがけない贈り物に驚かれたようです。
「ベアチョコは可愛すぎて食べられません。しばらく眺めてからにします。」とおっしゃる方もいらっしゃいます。
味はどうかなぁと思いながら、写真も撮らずにおりました。
そしたら、お客様のお嬢さんが一眼レフで撮影したベアチョコの画像をお送りくださいました。

 Photo_5

こんなに可愛いかったのかと思い、買い足しに行きましたが、完売していて残念です。

次回の更新の準備をはじめています。
ある程度の数の一連の作業が完了しましたら、更新いたします。
なにしろ、沢山の買い付け品の中から選び出すのが大変で、
どれも手放したくないお品ばかりで困ってしまいます。
更新日が近づきましたらお知らせしますので、よろしくお願いします。

 antique shop 8trees

 

2010/02/05

ほめ言葉

このところ、スイミング教室は休まず通っています。
仕事からの開放感やストレス解消に、とってもいいです。
今日は新しいコーチに変わり、ちょっぴり疲れました。

前の先生が、終了間際に、すりよって来て、「○○さんは泳げるのだから、この先、上のコースに進む場合、こんなフォームにした方がいいよ!」と両手を持ってスイングを教えてくれた。

泳いでいる最中も、前より上手にできたら、「いいよ~いいよ。その調子」なんて褒めてくれる。私も褒めてもらうと、嬉しくなって、もっと練習して上手になろうと頑張る。
そんなわけで、レッスン以外の日も泳ぎに行ったら、足がつって筋肉痛になった
(。>0<。)

帰宅後、パソコンのメールを開くと、
息子さんが7歳の時、事故でご主人を亡くされたお客様からこんなお便りが来ていました。

2学期の終わりに息子の中学校で三者懇談がありました。
その時、息子の担任の先生が
「◎◎君
は、とても素直で人間性が良い。だから自然と周りに人が集まるねん。」と、息子に言ってくださいました。
私は嬉しくて嬉しくて、涙がこぼれそうになりました。

こうも言って下さいました。

「おまえは家族の中で一人だけの男やからな、これからは、お母さんとお姉ちゃんを守っていくようにするんやぞ。」
息子は、「はい。」と答えていました。

肩の力が抜けました。
息子を一人前に、というプレッシャーからも解放されました。

* * *
この仕事をしているお蔭で、日々、お客さまから色々なことを教わります。
褒めてもらうこと。こんなに気持ちよく、嬉しいことはありません。
褒めて、人を育てることも大切なことですね。

 Img_0689

    「君は薔薇より美しい」

 antique shop 8trees

2010/02/03

節分

節分は「季節を分ける」と言う意味で、節分が特に立春の前日をさすようになった由来は、冬から春になる時期を一年の境とし、現在の大晦日と同じように考えられていたためです。

私の小さい頃は、節分は豆をまき、鬼を追い払う。・・・
余った豆は、歳の数だけ食べ、一年を健康に過ごすと、教わったものです。
今は、歳の数ほども食べては、お腹をこわすのでやめました(笑)。

恵方巻きという言葉は、関西からはじまったと言われていますが、実家ではそんな風習はありませんでした。
恵方巻きなんて、数年前から急に流行りだしたようで、これも流通企業の企みだと思いますが、まぁ、どんなことでも行事に結びつけて商売繁盛を願うのは日本流ですから、それも一理ありと思っています。

今年の恵方は西南西、巻き寿司を西南西に向かって丸かじりしました。
 Img_0694

左の丸かじり豆大福は右の恵方巻きの1本サイズと、同じ大きさです。
こんな商品も売っていました。豆大福大好きなので、ついつい食べちゃいました。
(○´3`) フッ-フ-

 antique shop 8trees

2010/02/02

東京に雪がふる

昨夜から未明にかけて、東京でも雪が降りました。
カーテン越しに見る、外灯の灯りに照らされて降りしきる雪。
こんな夜は神秘的で、違う世界にいるようです。

寒い夜のお時間にたくさんのご注文ありがとうございました。
最近は、お問い合わせもなく、静かに、ご注文を待っているだけです。
一つのお品が皆さまの心のよりどころとなりますことを願っています。

雪になれない東京は、通勤の足にも影響がでるのではと、心配していました。
交通機関は、さほどの混乱もなかったようですが、車のスリップによる衝突事故が多発し、すべってころんで怪我をされた方も、大勢おられるようです。
都会のひ弱な一面を見たようで、日々の暮らしも、外へ出ると結構、緊張の連続です。

ときには、都会を離れて田舎暮らしをとも考えますが、今からでは便利な生活になれてしまって、そこまでの変化を求める勇気は湧いてきません。

Img_0687_2  Img_0688_2             

 antique shop 8trees                                      

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ