« British style | トップページ | Flower »

2010/02/09

料理はまごころ

冷蔵庫をのぞきながら、料理を考えて作るのが好きです。
奥の見えにくいところの食材やビン詰めは、背の高い夫が、期限が早めの順に前の方に出してくれています。ですから、賞味期限切れで捨てることは最近は殆どありません。

近くのお客さんからパスタをいただきました。
彼女は箱単位でパスタを買っていると言っていました。
このところ、冷凍食品のスパゲッティばかり食べていて、パスタ料理を作ったことがなく、ストックもありませんでした。

早速、冷蔵庫の食材を活かし作ってみました。
分量はいつも適当で、途中で味見して、薄ければ塩や醤油を足すといういい加減さが、また美味しさの秘訣です。

オリーブ油で、ひとかけらのニンニクのスライスを炒め、香りが出てきたら、ベーコンを適当な大きさに切り、少しカリカリになる前に火を止めて、6分間茹でたパスタを入れてからめる。
再び中火で、手早くからませ、ベビーリーフを一袋入れる。(緑色野菜で代用)
この時ベーコンから塩味が出るので、塩、コショウ、は適量に。
最後にアボガドが1個あったので、半分をパスタの中に、残りは飾り付け用にしました。

このまま食べるのが、ツウらしいのですが、お好みに合わせて冷蔵庫に眠っているドレッシングをかけてください。出来上がりはいかに。。。


 Img_0994

主人が「これはイケル」と褒めてくれました。
料理は真心であって、アンティークとおなじように同じ味はありません。
色合いも盛り付けるお皿も食感の内で、大切なことです。

  antique shop 8trees

« British style | トップページ | Flower »

my life」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ