« 東京に雪がふる | トップページ | ほめ言葉 »

2010/02/03

節分

節分は「季節を分ける」と言う意味で、節分が特に立春の前日をさすようになった由来は、冬から春になる時期を一年の境とし、現在の大晦日と同じように考えられていたためです。

私の小さい頃は、節分は豆をまき、鬼を追い払う。・・・
余った豆は、歳の数だけ食べ、一年を健康に過ごすと、教わったものです。
今は、歳の数ほども食べては、お腹をこわすのでやめました(笑)。

恵方巻きという言葉は、関西からはじまったと言われていますが、実家ではそんな風習はありませんでした。
恵方巻きなんて、数年前から急に流行りだしたようで、これも流通企業の企みだと思いますが、まぁ、どんなことでも行事に結びつけて商売繁盛を願うのは日本流ですから、それも一理ありと思っています。

今年の恵方は西南西、巻き寿司を西南西に向かって丸かじりしました。
 Img_0694

左の丸かじり豆大福は右の恵方巻きの1本サイズと、同じ大きさです。
こんな商品も売っていました。豆大福大好きなので、ついつい食べちゃいました。
(○´3`) フッ-フ-

 antique shop 8trees

« 東京に雪がふる | トップページ | ほめ言葉 »

season」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ