« 姫君のひな祭り | トップページ | ル・クルーゼのお鍋 »

2010/03/04

器も春らしく

3日のお雛さま、皆さんもチラシ寿司やハマグリのお吸い物などを作られたというメールをいただきました。私も、名前(やよい)にあやかり、少しひねたお姫さまになって、ひさしぶりにチラシ寿司を作りました。

器はスージー・クーパーのプランタン(printemps)のサラダボウル(大)に盛ってみました。プランタンとはフランス語で春という意味です。

取り皿は小ぶりのシリアルボウル、赤と青の2種類のシリーズを使ってみました。
レースのような縁どりとドットがさらに暖かな春を感じさせてくれます。

 Img_1405


アンティークの器は、使ってこそ活きてくるものです。
スージー・クーパーのやさしい質感に魅せられて20年近くになり、
洋食にも和食にも合い、日々、私の暮らしに彩りをそえてくれています。

器も食のうち、四季に合わせ、季節感がある器で゛旬″の贈り物を楽しみましょう。

 antique shop 8trees

« 姫君のひな祭り | トップページ | ル・クルーゼのお鍋 »

antique」カテゴリの記事

my life」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ