« アンティーク・レース | トップページ | スペシャル・セット »

2010/03/18

歯医者さん

桜の便りもちらほら届いてきましたが、こちらでは風が吹くとかなり体感温度が寒く感じられ、まだまだコートが必要です。
夕方の買い物の出で立ちは、コートに帽子、マフラー、手袋、まるで真冬です。

昨日は歯医者さんで、麻酔をして、ちょっとメスを入れられました。
前の日は麻酔の恐怖から、なかなか寝つかれませんでした。
当日は不安状態からも脱して、「まな板の鯉」の心境でしたが、一時間半があっという間に終わりました。
術後の経過もよいようで、痛みもありません。口の中って・・治りが早いのですね!

学生時代、人の血を見て失神してしまった経験がある私です。なのに、途中で先生が手鏡を差し出して、こんなの見るのは、めったにないからね!見てみる?
先生(歯医者さん)も残酷だなぁ。。。と思いました。

昨日のこと、夢か現実か、不思議な感じです。
人間って、少々のことであれば、忘れるのも早いんですね。
だから、今日も新たな気持ちで生きていけるのかなぁ。

私の心は毎日レースのように揺れ動いています。
わくわくドキドキの連続で、時には糸が切れた凧のように
大空で風に体をあずけたいと思うこともあります。

 

 017

ブラウン色のアンティークレース、レースにしては珍しくシックな色です。

レースは白いものと決めつけてはいけない、こんな色も素敵。


  antique shop 8trees        

« アンティーク・レース | トップページ | スペシャル・セット »

antique」カテゴリの記事

my life」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ