« ホワイトグレーのシェルフ | トップページ | アンティーク・レース »

2010/03/15

イースターと卵

更新の準備も順調に進んでいます。
準備が完了しましたら、お知らせしますので、もう少しお待ちください。

この時期になりますと、イースターという言葉をよく耳にします。
イースターとはイエス・キリストの復活を祝い、記念する日で、復活祭とも言われます。

イースターの日付は毎年変わります
「春分後の最初の満月から数えて最初の日曜日」と、とても複雑な決め方が定められているからです。
年によって最大一ヶ月ほど、つまり月の周期プラス数日のずれが生じます。
具体的には、3月22日から4月25日の間になり、2010年は4月4日がイースターです。

1999年の4月、私は女友達とオランダ、ベルギーに旅行しました。
ちょうど、復活祭の時期で、ベルギーのチョコレート店には「イースターチョコ」がたくさん並んでいました。
その中には卵にいろいろと絵が描かれた「イースターエッグ」やウサギの形をした「イースターバニー」がありました。
卵は新しい命をもつ復活のシンボル、うさぎは多産の意味があるようです。

更新のお品の中にもイースターに関連したアイテムがあります。
エッグカップ&ソルトトレイ。この時期がベストかなぁ・・・と思ってご紹介します。

。。。

  Img_1630

  

ひよこが卵の殻を破って出てくるように、キリストも殻を破ってよみがえられました。
私たち日本人には馴染みが薄いかも知れませんが、
欧米ではカラフルに染められたゆで卵を探す「エッグハット」、
卵の殻を割れないようにして転がす「エッグロール」と呼ばれる遊びがあるそうです。

お国が違うと風習も様々で、おもしろいですね!

  
   antique shop 8trees        

« ホワイトグレーのシェルフ | トップページ | アンティーク・レース »

antique」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ