« テレフォンチェア | トップページ | 予期しない出来事 »

2010/04/21

フラワー&ガーデンショー

東京は25度をこえて真夏日となりました。
今日の更新の作業は午前中で終えて、午後は国営昭和記念公園(立川市)のみどりの文化ゾーンで開催中の東京インターナショナル フラワー&ガーデンショー2010に行ってきました。

会場は我が家からとても近く、モノレールに乗れば15分ほどで着いてしまいます。
少し歩くと、汗ばむほどでしたが、それでも気持ちのいい陽気です。

広い会場は世界の花と庭が競いあって、どのガーデンも見とれてしまいます。
私は、自分の感じるままに採点しました。
やはりNO.1は蜂蜜色のライム.ストーンの家々が立ち並ぶイギリスのコッツウォルズの町並みを思い起こさせる「Piece of Mind」さんのショーガーデンです。
説明するよりも、写真でこの素晴らしいスリーピングガーデンをご覧ください。


 Img_2743
 Img_2742
 Img_2745
 Img_2744
 Img_2746
 Img_2747
 Img_2748
 Img_2750
 Img_2749

実際、コッツウォルズのボートン・オン・ザ・ウォーターという村には、
その村自体を実物と同じ石材を使って9分の1の縮尺で正確に再現した
モデル・ビレッジがあります。

こちらのガーデンはそれよりも、はるかに小さいミニチュアですが、その景色は自然そのものです。
自然を愛すること、美しいと感動することは素晴らしいことです。
そんな日は、穏やかな優しい時間が流れていきます。

  antique shop 8trees     

« テレフォンチェア | トップページ | 予期しない出来事 »

my life」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ