« ガラスジャー | トップページ | ハンカチーフ »

2010/04/07

エナメル・ウェア

毎日サイトを見ていただいてありがとうございます。
ブログを楽しみにご覧いただいている皆様に、少しでも目の保養や情報収集のお役にたてればと、一生懸命、軽い頭をひねりながら書いています。

やっぱりお知らせしたいのは、「旅のはなし」や「アンティーク」のことになります。
私がフランスによく買い付けに行っていた数年前は、美しい手描きのエナメルのティーポットや、コーヒーポット、ジャグ、チューリンなど、パリにはものが沢山ありました。
ローズ柄、パンジー柄、BB社のガーランドのキャニスターなど、今思うと、美術品と思えるほどのものが、少し高めでしたが、まだ手の届くお値段でした。

  Pict0065
  Pict0067

こんな美しいエナメルウェアが普通にショップで売られていたことが、不思議な気がします。
バイヤーがそれを見て買い占めることもなく、今思えば考えられないことです。
このパリのアンティークショップも、数年前にクローズしてしまって、もうありません。
店主のおばさんが、私が興味深々に眺めていた蛇口付きの薔薇のガーランドのタンクを
手に取り、「めずらしいでしょう!この給水タンク」と自慢そうに言った言葉が忘れられません。

  Img_2177_2

  Img_2184  

昨年の12月のイギリスでの買い付けで、ショップのおばさんが、
「1880年の本当に古いエナメルのポットよ。今後こんないい状態のポットは出てこないから買っておいた方がいい」と言いました。
裏側の花柄を見ると、なつかしい日本風で、いい感じ。
「そうだね!良いお品はいつまでもあるとは限らないわね。」とフランスのショップのことを思い出しました。このお品も次回ご紹介しますね!

   antique shop 8trees

« ガラスジャー | トップページ | ハンカチーフ »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ