« エナメル・ウェア | トップページ | 更新しました »

2010/04/09

ハンカチーフ

アンティークフェアでは布やレース、リネン、テーブルクロスのお店は必ず覗くようにしているのですが、ハンカチーフが、わりとありません。
そのわけは、ハンカチって、毎日使うものですし、汚れれば、ポイと捨てる傾向があります。
私自身、手を拭くハンカチは小さなハンドタオルを使っていて、
お出かけのバッグに入れるハンカチはレースの縁取りがした繊細なものと、タオル地のものと2種類持ち歩いています。
レースや刺繍の施されたものは、手拭きなんかもったいなくて使えません。

かのマリー・アントワネットは悲運の最後を迎えるまで、繊細なレースのハンカチを握りしめていたとか?またある著書には、自分が手離したたった一枚のゴージャスなレースのため、ギロチン台に上る結果を招いたとか?色々と憶測されています。


  Img_2265_2

薔薇の刺繍、イニシャル&モノグラム刺繍、縁取りのレースが可愛いハンカチ。
一枚、手に握りしめるたびに貴婦人のような気持ちになります。
繊細な手刺繍がこんなにも女性の気持ちを高ぶらせ、優しい気持ちにさせるのは、
何といっても、刺繍やレースの魅力です。
女性は昔も今も美しい綺麗なものに憧れるのです。

今回のスペシャルsetです。
新商品UPは11日(日曜日)を予定しています。

 antique shop 8trees  

« エナメル・ウェア | トップページ | 更新しました »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ