« ハンカチの木 | トップページ | マネとモダン・パリ »

2010/05/11

きみごろも

週末、息子たちや孫娘がやって来て、久しぶりに家族全員で昼食を共にしました。
「母の日」のプレゼントを渡すための来宅でしたが、こんな機会でもなければ、息子達同士もお互い忙しくてなかなか会えないようです。

こんな素適な日に、奈良のお客さまから「きみごろも」という、フワッとした感じの珍しい銘菓が届きました。
この方はGWに、奈良県東部の宇陀市に行かれ、そこでしか販売されていないこのお菓子を求められ、私にもお送りいただいたわけです。
「きみごろも」は長谷寺御用達のお菓子だそうです。

Kさんのお便りによりますと

      お店はこじんまりしていて、「きみごろも」という看板が出て います。
      メレンゲを作っているのか、かくはん機の音が響いていました。
      私たちの後にも続々とお客さんが入っていました。
      近所の方によると、3時くらいには売り切れてしまうそうです。

     
    Img_3143


上品な味で、本当に美味しいです。
昼食を食べた後では、この味のよさがわからなくなるので、食前に味わっていただきました。
孫娘は美味しいものに目がなく、パクパク食べてしまうので 、
「1個ずつよ!」と何回も念をおしました。
上品なお菓子は1個を少しずつ味わって食べるものです。


      初めて「きみごろも」を口にしたとき
      なぜだか八木さんのことを思いました。
      それで、いつか八木さんにも。。。と漠然と思っていたのです。

そんな言葉が添えられていました。グッ~とこみ上げるものを感じながら、
けっこうな贈り物に、良い一日をプレゼントしていただいたような気がします。
みんなの口に入る前に、記念にお菓子の写真を撮っておきました。


 antique shop 8trees     

« ハンカチの木 | トップページ | マネとモダン・パリ »

my life」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ